痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2013.05.09更新

アポトーシスとネクローシス

アポトーシスとは... 前々回の記事で詳しく説明しましたが、
多細胞生物の身体を構成する細胞が死ぬ方法の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調整された細胞の自殺のこと

つまり、「プログラムされた細胞死」 のことです。
覚えていますか?

これに対して、血行不良、外傷などによる細胞内外の環境の悪化により起こる「予期せぬ細胞死」のことを「ネクローシス」といいます。

特に、外傷による細胞の損傷の場合、古い細胞も新しい細胞も関係なく、しかも同時にたくさんの細胞が破壊されます。

町のたとえで説明すれば、災害で町ごと壊滅した様な状態です。

さらに、大量の細胞死により様々な機能低下が起こるため、修理(増殖と分化)をできるだけ迅速に行う必要があります。
もちろん、アポトーシスのように前もって準備が出来ているわけではないため、何もかもが非常事態の反応になり、炎症(熱を持ったり)や腫脹(腫れ上がったり)や疼痛(強く痛んだり)が起こるのです。そして、とりあえずの修理がどんどん起こります。

この時に、十分な材料がそろっていないと、修理が長引いたり、不十分だったり、不良細胞が出来たりするのです。


被災地では、町中で材料や職人の取り合いが起こり、とりあえずのプレハブ仮設住宅や手抜き工事もあちこちで起こります。
なかには、壊れたままの家や空き地のままのところもあります。
被災地には、十分な資材と人が必要なのです。

正分子の知識があれば、このような場合でも...
良質の動物性のタンパクとビタミン・ミネラル 特にビタミンB群を多めに摂ることで最大限の効率で修復することが出来ます。
このことは、スポーツ選手のトレーニングにも応用できます。
なぜならば、トレーニングとは、過負荷による筋肉や靱帯の損傷に対して、少し余裕を持たした能力になるように修復される「超回復」の仕組みを利用しているからです。

修復の過程で能力を上げようと、一生懸命トレーニングに励んでいても、材料不足ではかえって質が低下し、故障の原因にもなってしまうのです。


ダイエットもスポーツも身体の仕組みを知らなければ上手くいきません。

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院