痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2013.06.26更新

タンパク質②

今日は、スポーツ選手にとってのタンパク質について話してみます。

今日も体重60キロの人が登場します。
体重60キロの人の代謝に必要なアミノ酸をタンパク質で確保するには、動物性のタンパク質で1日300グラムを摂る事が必要になります。

ここまでは、昨日と一緒。
スポーツ選手の場合は、筋力や筋持久力をトレーニングにより強化しなければいけません。

競技中のケガや故障も心配です。
このような場合はさらに多くのタンパク質が必要になるのです。

専門家の意見では、ハードなトレーニングを必要とするスポーツの場合は、
通常の1.5~2倍のタンパク質、ビタミン、ミネラルが必要だといわれています。


たとえば、タンパクが不足した状態で、強化をするためのトレーニングをがんばったとします。
もちろん、目的の筋肉はタンパク質をしっかり使って強化されるでしょうが、
その分、他にタンパク質が回らなくなります。

解りやすく説明すると...、
・鍛えた筋肉が太くなる代わりに、あまり使われていない筋肉が細くなる
・傷口を治すために、他の細胞の交換が出来なくなる
なんてことが、起こってしまうのです。
もっとひどい場合は、トレーニングをがんばれば、がんばるほど、
・筋肉の損傷が増えてしまう
・疲労感が抜けなくなる
・けがの回復が遅くなる
など、スポーツ選手にとって致命傷にもなりかねません。

トレーニングの効果をしっかり出すためには、60キロの人の場合、450~600グラムの動物性タンパク質が必要になるのです。

食事だけでこの量を確保するのは結構きついので、プロテインなんかを食後に飲んでいる選手が多いのはこの為なのです。
もちろん、タンパク質を消化、吸収、再合成するためには酵素の働きが必要になり、
酵素がしっかり活躍するためには、ビタミン、ミネラルが不可欠になります。

スポーツ選手に限らず栄養の基本は、タンパクの量とそれに見合ったビタミン、ミネラルの効果的な摂取がポイントです。

皆さんは1日に何グラムのタンパク質を食事から摂れていますか?
一度、計ってみてください。 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院