痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2014.03.31更新


糖質の摂り方

前回の記事で、糖新生という仕組みがあることがわかったと思いますが、
「糖新生が起こるといけないから、甘いもの(砂糖)を食べましょう」という意味ではありません。

あくまでも糖新生は脳を守るための非常手段として筋肉を分解しているのです。
その糖新生が起こりかけてから、反応を食い止めるために糖を摂取するのも、
やっぱり非常手段です。

大切なことは、糖新生を起こさないような糖の摂取を心がける必要があるという
事なのです。

糖は身体の中では非常に不安定な物質であり、血液中のアミノ酸とひっついて有害な物質に変化してしまう事があります。
そのため、血液中の糖の量(血糖値)が過剰にならないような仕組みが働いています。
一度にたくさんの糖が身体の中に入ってくると血糖値が急上昇するため、すぐにこの仕組みが働き、最も安定した物質である脂肪に変えてしまいます。

つまり、量が多すぎる時はもちろんですが、吸収するスピードが速い場合にも一時的に血液中の糖の量が多くなるため、使い切れない糖は脂肪に変えられてしまいます。脂肪になってしまうと、脳では使えなくなるので、血糖値が下がりかけると再び糖を要求します。(太りやすく、すぐにお腹が減ります)

ということは...
糖の摂取に関しては、脳が必要とする量のブドウ糖が常に血液中に存在するように、消化吸収が良い食べ物よりも、むしろゆっくりとしたスピードで吸収する食べ物の方が良いという事になります。

具体的には
お米、パスタなどは消化・吸収に4時間くらいかかりますが、パンや麺類なら2時間以内、砂糖は食べたらすぐに吸収されてしまいます。

パンや麺類はご飯に比べて腹持ちが悪いですし、お菓子を食べてもすぐにお腹がすいてくることは、皆さんも経験しているでしょう。

糖新生を起こさないような糖の摂取のポイントはパンや麺類よりもお米やパスタなどの消化・吸収に時間のかかるものを食べるのが良いと言う事になります。

もちろん、使い切れないくらいの量を食べれば、お米やパスタでも最後は脂肪になってしまいますけど...


つぎは、パンや麺類、お菓子はどのように食べると良いのかを書いてみましょう。


投稿者: ナチュラル・キュア整骨院