痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2014.05.28更新

機能性低血糖症候群

体内のエネルギー源である血糖値(グルコースの量)は体の状態が正常であれば、血液中のブドウ糖の量は1dlあたり50~140mgに維持されています。

それが何らかの原因で50mg以下に落ち込むことを機能性低血糖と呼んでいます。

もちろん、これは病的な状態ではなく機能的な異常をさすため、日本のお医者さんはあまりこの機能性低血糖に対して関心がないように思われます。

しかし、アメリカでは20年以上前から、この機能性低血糖に注目が集まり様々な研究が行われてきました。


・砂糖、シリアルと機能性低血糖の関係
・機能性低血糖と学習障害との関連
・機能性低血糖と犯罪行動との関連
・機能性低血糖と低血圧との関連

など様々ですが、このような流れの中でアメリカ国家が国民に向けての健康の指針の中で、機能性低血糖の原因と思われる甘い食べ物やシリアルの摂取の自粛を示したのです。

「甘い食べ物を控えましょう」 という動きはこの当たりから始まって日本にも広まっていったのですが、機能性低血糖に関しては病気ではないため、あまり国民に認知されなかったのです。

次に、機能性低血糖症候群の典型的な症状を書いてみますので、自分に当てはまるかチェックしてみましょう。

1. 朝、頭がボーッとして起きづらい
2. 太陽や明るい光がまぶしい
3. 足腰がすぐに疲れる
4. いつもからだがだるい
5. 根気、集中力が無くすぐに気が散る
6. 忘れっぽい
7. 些細なことでイライラして怒りっぽい
8. 立ちくらみがよく起こる
9. 夜、寝付きが悪い
10. 甘いものが頻繁に欲しくなる

4つ以上当てはまるときは、機能性低血糖症候群の疑いがあります。

子供さんがいる方は、まずは子供さんの状態をチェックしてみましょう。
がんばって勉強している子供さんに、お菓子や甘い飲み物を差し入れしているお母さん!

応援しているつもりが、根気や集中力を低下させ、イライラするように手助けをしているのかもしれませんよ。

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院