痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2014.11.03更新

めっきり寒くなってきましたね。
これからの時期は足の冷え、特に趾先の末端冷え性が急増します。

原因はもちろん、足の血行障害です。
ですが、血行障害を起こす原因はひとによって色々あります。

単純に外気に冷やされているだけの人は、温める、もしくは防寒着の着用。
足の温度を下げないようにすることです(レッグウォーマーなど)。

でも、患者さんの中で多いのは、そんな季節に左右される一過性のものではなく、年中ずっと冷え性の人です。
そういう人のほとんどは、足の趾が広がらなくなっているのです。特に横方向に。

実は足の趾の血管は、趾の上下(爪側や趾の裏)ではなく両側面を通っているのです!足の5本の趾と趾との間を血管が通り、横から血液が流れているのです。
つまり、趾が横に広がらない人は、趾の側面がカチカチになり、血管を圧迫して血液がとても流れにくくなるのです。

だから、日頃ハイヒールやビジネスシューズなど趾先のきゅうくつな靴、サイズのきつい靴、サンダルスリッパなどを履いているあなた!

趾がとじてしまう靴をはき続けることで、自ら足の血行障害をつくっているのかもしれませんよ!

毎年(または年中)、冷え性で困っている人は足の趾をチェックしましょう。
ちゃんと趾が横に広がりますか?(グーパー運動のパーができますか?)

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院