痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2014.11.07更新

今回は、足の形についてお話ししましょう。
足にはアーチ(足弓)という、衝撃吸収の役割を担う形状を備えています。。
特に内側縦アーチの事を一般的に「土踏まず」と呼ばれています。
この「アーチ(土踏まず)」に注目して、足の形を分類することが出来ます。

「アーチ」がつぶれてしまい地面との隙間が狭い、又は無いのものを「扁平足」といいます。

逆に「アーチ」が正常より高くなり、上手くしならなくなっている状態のものを「凹足」とか「甲高」、「ハイアーチ」といいます。
アーチを車の「サスペンション(タイヤの衝撃を和らげるバネみたいなもの)」で例えると、「扁平足」はそのバネがゆるくてぺっちゃんこの状態、「ハイアーチ」は逆に固くてバネがしならない状態です。

 
イメージしてみて下さい。どちらの場合も、車に乗っているときの地面からの衝撃(振動)が強く伝わってしまい、乗っている人は不快になると思われます。
普通であれば、タイヤが拾った衝撃が乗っている人に伝わるのは、ほとんどないですよね?
正に、それが「サスペンション」としての「アーチ」の役割なのです。

皆さんも足のチェックをしてみて下さい。通常、「アーチ」は、地面に立った状態で指2本はいるくらいであれば良いそうです。
それよりも狭いと、「扁平足」、広いと「ハイアーチ」の可能性があります。
放っておくと、それだけで足から身体全体に及ぶ問題を引き起こします。
ただし、先天性(生まれつき)のものもあるので、その場合は何か補足的ツールが必要になります(例えばインソールとか)

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院