痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2016.11.01更新

こんばんは。前田です。
施術家の独り言を書きます。

私の仕事は、患者さんの身体を治すことです。
身体を治すってどういうことなのでしょうか?

外傷した身体を治すためには、まず破損した構造を再建しないといけません。
簡単にいうと、壊れたプラモデルを接着剤などで修理するようなものです。
骨折した骨を、手術でプレートやワイヤーで内固定することや、ギブスで外固定するような治療が構造の治療になります。
骨折した骨がくっついた段階で構造の再建は終了です。
でもこれで身体はを治ったといえるのでしょうか?

身体は、構造と機能で成り立っています。
プラモデルなら動きませんので、構造を修理するだけでいいのです。
私達人間は、動きますので、構造を直した後にしっかり機能も修復しないといけません。

しかしながら機能を修復するのは、非常に分かりにくいことなのです。
機能がどれぐら修復したのか画像検査などでは分かりません。
筋力検査や関節の可動域検査などが必要となってきます。
また正しい動きをしているかなどの動きの方向の修正なども必要です。

私は、この機能の修復が非常に大事だと思います。
構造を直し、機能の修復が正しく行われて初めて身体は治ったといえるのです。

今の医療では、構造の修理がメインで機能の修復は軽視されているように思います。
軽い捻挫だとしても、しっかりとした機能の修復が行わないと、少しの機能不全から構造の破壊につながっていくのです。

私は、身体を治すという仕事をさせてもらっている以上、この構造と機能の修復をしっかりやっていきたいと思います。
しっかり修復すると怪我の再発の予防につながります。
また怪我を起こさない強い身体になれます。

健康な身体の人が増えることで、医療費の軽減にもつながります。

安倍総理大臣が言っていた予防医学の発展につながるのです。

たかが整骨院ですが、真剣に患者さんの身体を治すことで、日本全体の発展にもつながってくると私は思います。

ただの独り言なので、独自の見解で偏った考え方ですが聞き流してくださいね。

 

 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院