痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2016.12.23更新

兵庫県伊丹市在住 40代 女性
1年半振りの再診で来院されました。

バレーボールをされていて、右膝が痛くなっているそうです。ただこの痛みは1年前からで、後十字靭帯損傷という診断が付いているそうです。今回はそれをサポーターやテーピングで騙しだましやってきて、いよいよ左膝にまで痛みが出てきたとのこと。

実際を診てみますと、右膝はPush test陽性、確かに後十字靭帯のテンションが緩んでいる感じです。立位にて膝屈伸運動で痛みが出ます、特に左膝の内側の痛みが著明で右膝にも痛みと不安定感があります。

ただやはりその状況を放置し(実際には他の整骨院での治療を受けてはいたそうですが‥。)
もはや屈伸時の下肢の運動軸がズレてしまっています。痛みに対する代償運動が起こっているようです。

正しい運動軸へ膝関節の位置を操作しながら屈伸してもらうと、痛みと不安定感が減少するようなので、膝を直接触るということはせず、骨盤股関節ユニットから下肢のアライメント矯正を広角に行ってみました。
足部の位置から、下腿の脛腓間の配置、膝関節の関節面アライメントの正常化を図るように。
その後で右膝の安定性を高める治療をしてみました。

治後は屈伸時の痛みがなくなり、右膝の不安定性も若干の改善がみられ、屈伸運動はし易くなるけど、痛みは未だ残る感じです。
後十字靭帯が安定を図れない分に対して、将来的には近辺の筋の強化も必要かもしれないですが、先ずは正しい位置で曲げ伸ばし出来るようになることが大切です。

そのことをお伝えし、日常の注意点を説明しその日は終了しました。楽しいバレーボールが出来るように頑張りましょう。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院