痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2017.01.20更新

兵庫県伊丹市在住 10代女性 現在ご来院されている方の娘さんです。

バレーボール部に所属していて、試合中に右足を捻挫してしまい、来院されました。

スパイクを打った後に相手のブロッカーの足を踏んでしまったそうです。バレーボールではよくある発生機序なのですが。

実際を見てみますと、足を付くだけで痛く、歩行困難、外顆の腫れも著しく、状況はあまり良くない感じです。
外顆付近の特に前距腓靭帯に痛みと周辺の軟部組織に腫れもあります。先ずはその応急処置的な手技を施し、痛みと腫れが緩和され足関節の配置が正しい所に戻りつつある状態で今度は立位になってもらいました。すると最初程ではないがやはり荷重時には痛みがありました。
ただ、痛みはそこよりも外顆から腓骨に沿って上方に広がる痛みと腫れの方がキツそうです。
距腿関節を正しい位置に合わせてみても腓骨上方に上がる痛みが緩和されなかったので、腓骨自体の膜調整をして骨の配置を足関節だけではなく、受皿側の脛腓骨配置も正常化させるべく手技を施してみました。

捻挫の場合、もちろん初期処置としてRICE処置が基本ですが、骨の配列を同時により正しい配置にしておくことで、予後の関節可動性や痛み違和感の残り方にも違いが出てきます。完治させる為に重要なことなんです。

そこでようやく立位での痛みが大分緩和されたので、歩いてもらうとなんとか歩けたので、その日はそれで終了して、損傷による腫れが引くと更に痛みは楽になるので、それまでは安静にとお話ししました。

1日も早く部活が出来るように最善を尽くします。

ありがとうございました。

池田


投稿者: ナチュラル・キュア整骨院