痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2017.01.31更新

兵庫県川西市在住 50代男性 現在ご来院頂いています高校生の患者さんのお父さんが来られました。

突然に、左肩が挙がらなくなったそうです。
痛みもあり、バンザイが出来ません。

実際に診てみると、上肢の挙上テストは前方挙上は120°位で痛みより先にロックが掛かったみたいに固く動きません。それを無理に挙げようとすると強い痛みが出ます。外転挙上は更に酷く90°位で同様に制限がありました。右肩は全く痛みも制限もありませんでした。

左肩付近の可動性をみてみると、前方も外転も正しいアライメントでリズムで動いていないようです。途中で、ロッキングが起こる辺りで肩関節の配置が変わってしまい、肩自体が挙上してしまう感じです。

本来なら上肢の挙上動作は上腕骨と肩甲骨、鎖骨、胸骨、肋骨とそのそれぞれの関節に正しく連動した可動性があり、挙上に参加する筋が角度によってその出力をバトンタッチしていくことで滑らかな挙上動作を実現しています(そのリズミカルな動きは、肩甲上腕リズムと呼ばれます)。

今回の場合、上腕骨の骨頭が肩甲骨の関節窩に対して正しい滑り込みができず、関節腔の狭小と関節付近の軟部組織の噛み込み、それらがロッキングと痛みを発生しているのではないかと考えました。
こういった症状を、インピンジメント症候群(衝突症候群)といったりしますが、そういった状態なのかなと思います。

そこで、治療としては、単純に筋の固さを緩めるのではなく、上腕骨頭の滑り込み(グライディング)を改善する為の関節周囲筋の筋緊張を調整し、肩甲骨と上腕骨に直接影響のある筋、棘上筋や棘下筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋のそれぞれリズミカルな滑動を改善するようにしてみました。

そこで再度挙上テストをしてみると、前方、外転挙上ともに改善されましたが、痛みがまだ残っているのと挙上自体が完全ではないので、追視する必要がありますが、今回はとても痛そうだったので、敢えて症状が出ている辺りで局所的な見方による方法と取りました。
今回触れた部分より、より広角に考察し結果として現れている症状に対して、根本的な原因を解決することが大切です。

その旨をお伝えして、今回は終了しました。
次回以降、さらに症状が改善されるように、完治を目指して出来る限りのことをさせて頂こうと思います。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院