痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2017.02.21更新

大阪府豊中市在住 40代 男性 以前にご来院されていて、お久しぶりにお見えになりました。

ジョギングをしていて、終わった途端に背中が痛くなったそうです。その痛みがもう数日消えないとご来院されました。
場所は右の肩甲骨の内側あたり、胸を張ろうとすると背中に強い痛みが走ります。
左には全く痛みは出ないそうです。

実際をみてみますと肩甲骨内縁の菱形筋あたりに圧痛、屈曲伸展に運動痛、右上肢挙上に可動制限がありました。
ただ、発生機序がジョギングしててなので、単純な肩の損傷ではないように思います。

もう少し色々みてみると、下肢の筋の張りや殿筋も結構強く張っていました。腰背筋膜から広背筋も緊張感があり、全体の動きが重く鈍い?感じです。
腹筋側にも固さがあり伸展動作が出来ていません。起き上がり動作も辛そうで腹筋の筋力も発揮出来てないのかなと思い、背筋側の痛みは特定の場所ではない事を考えても、こちらはやはり代償動作であり腹筋側の筋出力の低下がジョギング時の体幹安定性を崩し、ジョギングフォームの崩れ、偏りのある筋の張りを作り背中の痛みにまで拡散したのではないかと考えました。

そこで、腹部の筋出力を発揮し易くさせる様な手技と、尚且つ呼吸器の動きに合わせて横隔膜が最大筋力を発揮できるように施してみました。

その後は、若干腹筋に力が入りやすくなりましたがまだまだ弱かったので、アイソメトリック収縮を促す足上げ腹筋による静止を補助付きでやってみました。すると更に腹筋側が安定したので、再度背中の痛みをチェックしてみました。
胸が張れなくなっていたのが上体を起こせる様になり、姿勢が良くなりました。右肩甲骨の痛みも軽減して挙上制限も改善されてきていました。肩甲骨自体に癒着等障害はなく、胸が張れなくなっていた事で肋骨が肩甲骨に過度に干渉し動きを止めてしまっていたようです。

ジョギングする時は体幹を意識して貰い、過度に前傾にならない様に姿勢を意識してもらう様お願いしてその日は終了しました。

次回以降、腹筋側の筋や筋膜、腹腔内外の柔和な動きを更に改善し、背筋側とのバランス調整ももちろん四肢のジョギングに対するリズミカルな連動性も強化したいと思います。

さらなる姿勢改善目指して、頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院