痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2017.03.29更新

兵庫県伊丹市在住 10代 男性、小学5年生の男の子、ご来店頂いている方のお子さんです。

野球をやっていて、投球中に利き手側の右肘の内側に痛みが走り、そのまま病院へ。
診断の結果は、肘頭付近の剥離骨折、全治3ヶ月だそうです。

実際に肘を動かすと痛みがあり、曲げ伸ばしにも制限と痛みによる制御がかかります。

先ずは、剥離を起こしている範囲を圧痛をみながらチェックしてみますと肘頭部の内側、尺側に尺骨骨端から体部に沿って痛みがあり、上腕三頭筋の停止腱迄繋がる痛みがありました。
上腕三頭筋自体も硬くなり、上腕二頭筋との筋間中隔の滑走も悪くなっていたので、そのままでは剥離している骨膜が安定しようとしても上腕三頭筋の介達外力に牽引されまた引き剥がされる可能性があるので、最初に三頭筋の滑走を良くし、前腕部の筋緊張を軽減したうえで、肘頭部付近の骨膜の安定化を図る手技を行ないました。

その後、再度肘を動かすと痛みと可動制限はマシでしたが、ゼロにはならず、まだまだ思いっきり投げることは厳しい感じです。
骨膜の不安定性が安定して定着するまでは、投球など過剰に上腕三頭筋を収縮させる動きは禁止し、安静にしてもらう必要があります。

その旨説明して、今週中はとりあえず何もしないでねとお願いし今回は終了しました。

次回以降、少しづつ運動レベルを上げながら継続して治療させていただきます。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院