痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2013.01.24更新

[症状とメカニズム]
はじめはスイング中よりも練習後に右手首に痛みがでることが多いようです。 痛みは徐々にひどくなり日常でも痛みが出るようになってきます。
特に物を持ったりつまんだりした時に痛みが再現されます。

[一般的な治療]
手首のストレッチやアイシング、湿布などで痛みを軽減させます。また、手首に負担がかからないようにリストバンドで固定することもあります。

[当院の見解と取り組み]
腱しょう炎は、ゴルフのスイングなどが手首の負担になるから発症するのですが、手首やその周りの関節,軟部組織が正しく動いていれば腱しょう炎にはなりません。

手の指や手首、前腕(肘と手首の間)、肘関節、肩関節などの動きに関係するあらゆる組織(筋膜・筋肉・関節包・靭帯など)がすべて正常であれば問題ないのですが、どこかに本来の役割ができないような部位ができると、その役割を他の部位で代償(代わりに行う)する動きがでてきます。この代償の動きが本来の動きとあまりにも違う場合に無理がかかった部位に損傷が起こってくるのです。

特にゴルフスイングでは、肩周りの組織の可動制限によるスイングの振の小ささを手首で補おうとして痛めていることが多いようです。

当院ではこれらの動きに関係する部位の問題点や、また正しく使えていない部分の代償がどのように手首周囲の組織に影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで手首周囲への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。
 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2013.01.15更新

[症状とメカニズム]
ゴルフではスイング時にボールを見続ける必要があるために頭部を固定します。この時に頸部周辺で無理な動きが繰り返されることになり、プレー後に頚の周囲にハリ感や筋緊張がでることがあります。

[一般的な治療]
頚部周辺の緊張している筋肉をマッサージでほぐします。

[当院の見解と取り組み]
ゴルフのスイングの体幹の回旋運動の際に肩や体幹などに可動域制限がある場合、頚により多くの回旋の負担がかかることになり疼痛が出ることになります。

当院では直接頚部にアプローチするのではなく、スイング時の回転運動に関連の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)や上肢帯(肩関節・肩甲骨・肋骨・胸椎)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのようにくび周囲の関節に影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことでくび周囲の関節や筋肉への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。

また骨盤と脊柱のゆがみやズレにも注目し、それぞれの関節の可動域を正常化させることで体幹の軸回転が正常に行えるようになり、体全体でのスイングの回転がスムーズに行えるようになります。

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院