痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2014.10.31更新

昨日は、足のコムラ返りの話をしましたが、皆さん水分補給してますかー?
水分補給が大切なのは、結局は血液循環障害の予防が目的なのですが、それよりももっと大事な事は、筋肉や血管の柔軟性なのです。
筋肉や血管の柔軟性が少ないと、血液を流す力が弱くなります。血液は本来心臓の拍動(心ポンプ)により起こる圧力(血圧)で流れていますが、心臓より低い位置にある脚の血液は循環しづらいです。
しかし、ふくらはぎには下腿三頭筋(腓腹筋)という筋肉があり心ポンプのサポートをしてくれます。この腓腹筋が伸びたり縮んだりを繰り返すこと(筋ポンプ)で脚のうっ滞した血液を心臓に押し上げてくれているんです。これは牛の乳しぼりの動きにも似ているので『ミルキング・アクション』とも呼ばれています。
この腓腹筋が固くなると、上手く伸び縮みが出来なくなり血液循環障害を起こして、やっぱりコムラ返りを起こしやすくなります。
対処法として、『下腿三頭筋のストレッチ』があります。
やり方はいたって簡単。直立姿勢で足のつま先を何かの台(電話帳などの分厚めの本、部屋の敷居や階段など)にかけて立つだけです。時間は1回につき1分半。立つ足の位置は5趾にしっかり力が入る位置を『踵あげ』で調べてやってください。
皆さん、ぜひ取り組んでみましょう!!

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2014.10.30更新

今回は、「こむら返り」について考えたいと思います。
この時期「足のつり」いわゆる「こむら返り」を訴える患者さんが増える傾向があります。なぜこむら返りがこの時期に多いのか・・その原因について考えてみましょう。
秋になると朝と晩は少しずつ気温が下がりその時間帯の水分補給が減り、日中水分を摂っているつもりでも、一日の総摂取量は結構減るのです。
体内の水分が減ると、血管内の水分も減り、内容物の密度が高くなり、重たくて流れにくい血液になってしまいます。
いわゆる「ドロドロ血」・・コレステロールの摂り過ぎがドロドロ血の原因となっていると思っている人が多いのですが、実は水分不足の方が影響は大きいのです。
「ドロドロ血」になると本来血液によって供給される酸素や栄養素が身体全体に十分に届かない、運動した後の疲労が抜けにくい(疲労物質がなかなか回収されない)、身体が酸欠を起こす(体内のガス交換によって出る二酸化炭素の排出がされにくい)、などの問題を引き起こします。そして筋肉自体の内部環境が悪くなってしまい「つりやすい足」になってしまうのです。
「疲れてないのに」「冷えてる感じはないのに」「ストレッチしてるのに」・・・とまぁ、「つるはずないのに」という人は、もしかしたら筋肉自体の調子が悪いのかもしれませんね。
特に生活環境になんら変化がないのに、急につりやすくなった人は要注意!まず、水分補給から気をつけてみてはどうでしょう。「ドロドロ血」が解消されるだけでも足がつらなくなる可能性は高いです。
皆さん、予防して快適な生活が送れるようにしましょう!!            

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2014.10.29更新

今、日本人の3人に1人はアレルギーに悩んでいると言われています。
私もアレルギーに年中悩まされています。
今回はこのアレルギーについて調べてみようと思います。
私たちの身体はアレルゲン(異物)が入ってくると、抗体というタンパク質により異物を排除しようとする働きを持っています。
このタンパク質をIge抗体といい、マスト細胞とくっついてヒスタミンを作り出します。
このヒスタミンが鼻水やくしゃみ、かゆみ、湿疹などの原因になります。
またこのヒスタミンはアレルギー反応だけでなく、腸内の悪玉菌によっても作り出されます。
腸内腐敗(便秘など)が続くと、アンモニアや硫化水素が発生します。
そのためにもまずは腸内環境を整えて、ヒスタミンを作り出している悪玉菌を減らすように努めなければなりません。
その他にもストレスもアレルギー症状を引き起こします。
ストレスによって自律神経のバランスが崩れることになり身体の免疫システムに狂いが生じてしまいます。それにより抗体の過剰反応を引き起こしアレルギー症状が出てきます。

以上のことからアレルギー対策にはこの3つに気をつけることが必要です。

アレルギー対策

① アレルゲンを身体に入れない
② 腸内環境を整える
③ ストレスをためない

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院