痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2017.04.14更新

大阪府豊中市在住 10代 男性、通院頂いている患者さんのお友達の息子さんにご来院いただきました。

バレーボール部で、3日前アタックを打った時に右股関節が痛くなったそうです。
当日は痛みがひどくて歩行もままならない状態だったそうですが、今は歩くことは出来るけど痛みが続いているそうです。
前日に病院へ行き、画像診断の結果は骨に異常なし、ただし内出血して血腫の様なものが出来ていて痛みの原因になっていると言われたそうです。

実際を見てみると、右股関節の外縁が確かにお餅みたいな膨張感とともに圧痛、熱感もある感じで、歩いて痛いのも同じ所でした。
春休みで強化合宿があり、かなりの疲労も溜め込んでた感じで股関節周囲筋の負担が大きくなり過ぎて、筋繊維を痛めてしまったのではないかと思います。腫脹とともに血腫が存在することで更に損傷部に内圧もかかり痛みが増大している様です。

ただ、単純なオーバーユース症候群の様でもやはり使い方、正しい運動軸や基本に忠実な運動姿勢が取れているかどうかも重要です。
治療法としては、股関節の最適な配置を獲得する為に血腫混じりの腫脹部に対する応急処置的な手技、骨盤及び下肢のアライメント調整をしてみました。

バレーボールというスポーツ特性も加味しながら、全身のバランス等チェックしてみると、ミドルブロッカーのポジション上起こりやすい事かもしれないのですが、サイドステップの動作に左右差があり、レフトやライトにブロックを跳ぶ時に苦手な側が生じてしまう様ですね、本人に聞いてみた所最近までウイングスパイカーで、合宿前にミドルブロッカーに転向したそうです。

どのスポーツでもそうですが、大きなポジションチェンジは体の使い方が変わり痛めてしまいやすい可能性があります。
慣れる事もそうですが、そのポジションに見合ったトレーニングやストレッチングも考慮する必要があるんですよ。

今回の場合も、その使い方に慣れる前に右股関節に急激に負担がかかってしまったのではないかと思います。新しい動きに対する正しい基本姿勢を身につけ、無理なく頑張れる状態を作ることが大切です。

試合もシーズンだしこれからどんどん入ってくるだろうし、1日も早い復帰が望まれます。それにこたえられるように全力で頑張ります。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.03.29更新

兵庫県伊丹市在住 10代 男性、小学5年生の男の子、ご来店頂いている方のお子さんです。

野球をやっていて、投球中に利き手側の右肘の内側に痛みが走り、そのまま病院へ。
診断の結果は、肘頭付近の剥離骨折、全治3ヶ月だそうです。

実際に肘を動かすと痛みがあり、曲げ伸ばしにも制限と痛みによる制御がかかります。

先ずは、剥離を起こしている範囲を圧痛をみながらチェックしてみますと肘頭部の内側、尺側に尺骨骨端から体部に沿って痛みがあり、上腕三頭筋の停止腱迄繋がる痛みがありました。
上腕三頭筋自体も硬くなり、上腕二頭筋との筋間中隔の滑走も悪くなっていたので、そのままでは剥離している骨膜が安定しようとしても上腕三頭筋の介達外力に牽引されまた引き剥がされる可能性があるので、最初に三頭筋の滑走を良くし、前腕部の筋緊張を軽減したうえで、肘頭部付近の骨膜の安定化を図る手技を行ないました。

その後、再度肘を動かすと痛みと可動制限はマシでしたが、ゼロにはならず、まだまだ思いっきり投げることは厳しい感じです。
骨膜の不安定性が安定して定着するまでは、投球など過剰に上腕三頭筋を収縮させる動きは禁止し、安静にしてもらう必要があります。

その旨説明して、今週中はとりあえず何もしないでねとお願いし今回は終了しました。

次回以降、少しづつ運動レベルを上げながら継続して治療させていただきます。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.03.17更新

大阪府箕面市在住 10代男性 ホームページを見て、ご来院頂きました。

大学生で陸上部、長中距離を走るそうです。
毎日部活でトレーニング、ジョギングをしていて、突然右脛骨部(すね)の痛みに襲われました。その日は痛くて走るのを止め、その日以来1週間近く部活も休んでいるそうです。

来られた際は、痛くなった日より休養していて痛み自体は軽減していましたが、歩行でも軽く痛みます。
痛みの場所は脛骨の内側、筋と骨の間くらいに圧痛も著明で歩行時も足が接地する時に同じ所に響く感じです。

実際をみてみますと、圧痛のある辺りは皮膚の表皮からパリっと張った感じで、皮膚を持ち上げたり、上下左右に滑らせる余裕も無い感じです。
となると、まずは皮膚自体の弾力がなくて、内部の筋の内圧が上がりっ放しになってしまうコンパートメント症候群といわれる状態なのかなと、まず皮膚の滑走状態を良くしてみました。
その後で再チェックしてみますと、さっきよりはちょっとマシだけど、根本的に痛みの変化が少ない様です。
そこでもう一度皮膚を持ち上げてみると、どうやらその中の筋膜、走行的には筋間中隔といわれる下腿の筋を大きく3つの隔室に分けている膜の滑走も良くない感じで、今度はその走行の方向でやや深部の動きもつけてみました。

そこでようやく痛みも変化があったので、やはりコンパートメント症候群で、やや深部まで癒着していたのではないかと思います。

痛みも筋が滑走し始めて減っていますが、癒着していた所は外れた時に炎症を起こす可能性もあり、実際にやや熱感が出始めたので、治療もそこで終了し、痛みが強くなる様ならアイシングをお願いし様子を見て頂くことにしました。

こういった症状は、急性の痛みと同時に今までに重ねてきた運動の疲労や微細損傷を蓄積している場合が多いので、正しい変化が起こっても痛みが増える場合もあります。
だからこそ早めにそれを追視し、正しく治る方向にきているか、また残存するものに対して新たな第2弾の治療を行う必要があります。

早く復帰出来て、また楽しく走れるようになりますように。

できる限りのことをさせて頂こうと思います。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.03.07更新

兵庫県伊丹市在住 50代男性 およそ半年ぶりに来院されました。

テニスをされていて、思いきりスマッシュをフォアハンドで打った時に、左股関節を痛めたそうです。

歩くのも痛くて、その当日に来られました。
入り口を入って来られた時に、左足は踵を浮かしながら、右足だけで前へ進む感じでかなり痛そうでした。

実際を見てみると、股関節が痛いとは言うものの、場所が前なのか後ろなのか全体が痛くて特定出来ない様子で、でも左足の踵を着けて荷重することは痛くて出来ない状態でした。股関節の圧痛も曖昧で、でも腫れものに触る様な過敏なくらいの痛みでした。

こういった場合は、関節の位置異常による神経の感覚亢進が考えられるので、股関節自体は痛みを感じている程の被害は無いのではないかと思い、他の所からの影響を調べてみることにしました。

となると、まず見るべきはやはり足関節になります。股関節と常に連携を保つ場所だからです。で、実際に今捻挫したかのような歪みがありました。
足部をニュートラルな位置に持っていくと、股関節まわりの筋の張りがまず緩み出し、痛みが徐々に緩解される感じです。

そこで足部、特に距腿関節をニュートラルな位置に矯正するよう手技を施し、踵骨の接地ポジション、距骨との関節アライメントを矯正してみました。

その後は、立位に戻って頂くと股関節の痛みはマシになって足もペタッと着ける様になりました。
ただ、そのままでは定着し難いので、つま先立ち運動とウォーキングゾーンを何回か往復して貰いました。段々馴染んできて、正しい歩行パターンの修正がされてくれば、足底の接地感覚も良くなり、股関節の痛みもほぼほぼ無くなりました。

このまま正しく足部が安定すれば痛みは出なくなるはずです、でもその足部の歪みの原因が取れてなかったら歩くなかで歪みが出てくる可能性があるので、それを追視する必要がありますとお伝えし、次回近いうちにご来院頂きますようお伝えし本日は終了しました。

痛くなる前まで正常歩行が出来ていたなら、きっとこのまま完治する可能性もありますが、そうでない場合は正常な歩行パターンを足部を介して脳に再教育する必要があります。その為に痛くなる悪いパターンに戻ってしまう前に追視する必要性があるんですよ。

1日も早く、またテニスを楽しくできますように。正常歩行パターンを構築して再発を予防出来ますように。

全力で頑張らせていただきます。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.02.21更新

大阪府豊中市在住 40代 男性 以前にご来院されていて、お久しぶりにお見えになりました。

ジョギングをしていて、終わった途端に背中が痛くなったそうです。その痛みがもう数日消えないとご来院されました。
場所は右の肩甲骨の内側あたり、胸を張ろうとすると背中に強い痛みが走ります。
左には全く痛みは出ないそうです。

実際をみてみますと肩甲骨内縁の菱形筋あたりに圧痛、屈曲伸展に運動痛、右上肢挙上に可動制限がありました。
ただ、発生機序がジョギングしててなので、単純な肩の損傷ではないように思います。

もう少し色々みてみると、下肢の筋の張りや殿筋も結構強く張っていました。腰背筋膜から広背筋も緊張感があり、全体の動きが重く鈍い?感じです。
腹筋側にも固さがあり伸展動作が出来ていません。起き上がり動作も辛そうで腹筋の筋力も発揮出来てないのかなと思い、背筋側の痛みは特定の場所ではない事を考えても、こちらはやはり代償動作であり腹筋側の筋出力の低下がジョギング時の体幹安定性を崩し、ジョギングフォームの崩れ、偏りのある筋の張りを作り背中の痛みにまで拡散したのではないかと考えました。

そこで、腹部の筋出力を発揮し易くさせる様な手技と、尚且つ呼吸器の動きに合わせて横隔膜が最大筋力を発揮できるように施してみました。

その後は、若干腹筋に力が入りやすくなりましたがまだまだ弱かったので、アイソメトリック収縮を促す足上げ腹筋による静止を補助付きでやってみました。すると更に腹筋側が安定したので、再度背中の痛みをチェックしてみました。
胸が張れなくなっていたのが上体を起こせる様になり、姿勢が良くなりました。右肩甲骨の痛みも軽減して挙上制限も改善されてきていました。肩甲骨自体に癒着等障害はなく、胸が張れなくなっていた事で肋骨が肩甲骨に過度に干渉し動きを止めてしまっていたようです。

ジョギングする時は体幹を意識して貰い、過度に前傾にならない様に姿勢を意識してもらう様お願いしてその日は終了しました。

次回以降、腹筋側の筋や筋膜、腹腔内外の柔和な動きを更に改善し、背筋側とのバランス調整ももちろん四肢のジョギングに対するリズミカルな連動性も強化したいと思います。

さらなる姿勢改善目指して、頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.02.13更新

兵庫県川西市在住 50代女性 以前にバレーボールの時のケガで来院頂いていた方です。今回のご来院は7、8年振りになります。

今回はバレーボールではなく、自宅で家事をされている時に突然手の痛みに襲われ、その日から特に母指が、朝はこわばり痛みも強くそのうちバネ指まで出だして、
とにかく母指が痛くて動かせないとのことでした。

実際にみてみますと、母指は動かそうとするとブルブル震えながらゆっくり動き出し、そのうちバネ指特有のパキンと折れる様な動きとともに強い痛みが出ます。またそれを伸ばす時もパキンと弾けるように動きさらに強い痛みが出てしまいます。
母指の関節にはそれぞれに圧痛があり、まわりの筋も硬くなっている感じです。

ばね指は、基本的に指のアライメント異常、屈筋伸筋の相反した連動性の異常、腱鞘炎等筋腱の滑走障害‥色々な要素が絡み原因は単一の場合も複数の場合もあります。

今回は特に屈筋の腱に固さがあり、関節ごとの痛みも屈筋側に出ているので、屈筋腱の腱鞘に対する滑走障害、また腱が骨から浮かない様に止めている靭帯も固着している様な感じです。

そこで母指の骨と関節の配置を正しく戻しながら、自動運動で屈伸してもらい、屈筋腱の滑走を良くなる様に試みました。最初はかなりの痛みを伴いましたが、何度か頑張ってやってもらっていると痛みが少なくなって来ました。

処置後にまた母指を動かしてもらうと、痛みとぶるぶる震える感じは少なくなっていましたが、ばね指の弾ける動きはまだ残り、あまりスムーズではありませんでした。
お家に帰ってからも、母指をばね指症状が出ない範囲での屈筋運動をしてもらう様にお願いし、この日は終了しました。

固着していた靭帯と腱鞘内での腱の滑走は治療により動く様になっても、実際には腱と腱鞘の間に目一杯滑液が潤滑する必要があります。ワイヤーとホースカバーの間に油をさす様なイメージですね、そうして摩擦がなくなり滑らかな腱の滑走が実現します。
その為には、少しづつでも指を屈伸運動して動かし続けることが必要なんです。動かすことで刺激され滑液が分泌されます。あくまで痛みが誘発されない動きでですが。

ただし、今回は腱自体の滑走障害が残っているので、次回以降更にその改善と、動く様になった時に伸筋との相反するバランス調整をする必要がありそうです。

出来る限り早く良くなる様に、最善を尽くします。楽に家事ができますように。

ありがとうございました。

池田






投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.02.07更新

大阪府池田市神田在住 30代 男性 お近くにお住まいの方、ホームページにてご来院頂きました。

朝起きた瞬間に、腰が激痛に見舞われたそうです。原因がよく分からず、その日にご連絡いただいたそうです。

とにかく痛みが強く、動く度に腰に響く感じで、真っ直ぐ立つ事もできず、腰は曲がったままの状態で‥。
何せその状態ですので、治療ベッドに寝ることもままならず、とりあえず取れる体勢のまま、立位で状況をチェックしてみました。
普通に立っているだけなら、静止して落ち着けば痛みは収まるようです。しかし、その静止立位の姿勢が既に上半身が右に傾いていて真っ直ぐ出来ません。そのまま骨盤の位置をみてみますと、なるほど骨盤の仙骨を中心に左右の寛骨がかなりズレていて体重がほぼ左側にしか乗せられない状況です。
ゆっくりと痛みを出さない様に寛骨の位置を仙骨と合わせて1番自然な、正常なと思われる位置に操作してみますと、痛みがましになって、上半身の右傾きも無くなり真っ直ぐに、右足にも荷重出来る感じです。

そして、その仙腸関節の周囲筋のテンションや、関節自体の異常可動性も少ない感じで、
もっとまわりをみてみますと、腰から背中、腰背筋膜や胸腰筋膜あたり、広範囲に皮膚か浅筋膜か表面的にとても固まっていて、表皮自体の遊びがなく、指でつまむ余裕もないほど固まっていました。

患者さんにその事をお伝えすると、そういえば先日、とても寒い日に一生懸命外でタイヤを運んでたと、片づけしてたという話しでした。
可能性としては、タイヤを運んでいる時に変な姿勢で傾きが出来て、そのまま冷えて皮膚から固まってしまい、正常姿勢に戻れなくなっているのではないかと考えました。

皮膚や浅筋膜は正しい柔らかさを取り戻すことで、緩むのではなく正しい張力を発揮し、より体は安定します。だから、今回は骨盤の筋を直接緩めず、腰背部の皮膚など表面的に柔らかく滑走が良くなるようにしてみました。

その後は、おしりまわりの筋は張ったままでしたが、骨盤のズレは初めよりマシで腰が伸び、真っ直ぐ立てるようにはなりました。痛みもましになったので、そのまま帰って安静にしてもらうようにお伝えし、その日は終了しました。

次以降、ベッドに寝て貰える様になれば、完全脱力肢位にて、もう一度仙腸関節自体の捻挫、離開はないか、お尻の筋の張りが残る根本的な原因をみる必要があります。緩んだ関節に対する体の防衛反応かもしれません。

正しい機能を取り戻し、再発しない体に復活していただける様に全力で取り組みたいと思います。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.01.31更新

兵庫県川西市在住 50代男性 現在ご来院頂いています高校生の患者さんのお父さんが来られました。

突然に、左肩が挙がらなくなったそうです。
痛みもあり、バンザイが出来ません。

実際に診てみると、上肢の挙上テストは前方挙上は120°位で痛みより先にロックが掛かったみたいに固く動きません。それを無理に挙げようとすると強い痛みが出ます。外転挙上は更に酷く90°位で同様に制限がありました。右肩は全く痛みも制限もありませんでした。

左肩付近の可動性をみてみると、前方も外転も正しいアライメントでリズムで動いていないようです。途中で、ロッキングが起こる辺りで肩関節の配置が変わってしまい、肩自体が挙上してしまう感じです。

本来なら上肢の挙上動作は上腕骨と肩甲骨、鎖骨、胸骨、肋骨とそのそれぞれの関節に正しく連動した可動性があり、挙上に参加する筋が角度によってその出力をバトンタッチしていくことで滑らかな挙上動作を実現しています(そのリズミカルな動きは、肩甲上腕リズムと呼ばれます)。

今回の場合、上腕骨の骨頭が肩甲骨の関節窩に対して正しい滑り込みができず、関節腔の狭小と関節付近の軟部組織の噛み込み、それらがロッキングと痛みを発生しているのではないかと考えました。
こういった症状を、インピンジメント症候群(衝突症候群)といったりしますが、そういった状態なのかなと思います。

そこで、治療としては、単純に筋の固さを緩めるのではなく、上腕骨頭の滑り込み(グライディング)を改善する為の関節周囲筋の筋緊張を調整し、肩甲骨と上腕骨に直接影響のある筋、棘上筋や棘下筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋のそれぞれリズミカルな滑動を改善するようにしてみました。

そこで再度挙上テストをしてみると、前方、外転挙上ともに改善されましたが、痛みがまだ残っているのと挙上自体が完全ではないので、追視する必要がありますが、今回はとても痛そうだったので、敢えて症状が出ている辺りで局所的な見方による方法と取りました。
今回触れた部分より、より広角に考察し結果として現れている症状に対して、根本的な原因を解決することが大切です。

その旨をお伝えして、今回は終了しました。
次回以降、さらに症状が改善されるように、完治を目指して出来る限りのことをさせて頂こうと思います。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2017.01.20更新

兵庫県伊丹市在住 10代女性 現在ご来院されている方の娘さんです。

バレーボール部に所属していて、試合中に右足を捻挫してしまい、来院されました。

スパイクを打った後に相手のブロッカーの足を踏んでしまったそうです。バレーボールではよくある発生機序なのですが。

実際を見てみますと、足を付くだけで痛く、歩行困難、外顆の腫れも著しく、状況はあまり良くない感じです。
外顆付近の特に前距腓靭帯に痛みと周辺の軟部組織に腫れもあります。先ずはその応急処置的な手技を施し、痛みと腫れが緩和され足関節の配置が正しい所に戻りつつある状態で今度は立位になってもらいました。すると最初程ではないがやはり荷重時には痛みがありました。
ただ、痛みはそこよりも外顆から腓骨に沿って上方に広がる痛みと腫れの方がキツそうです。
距腿関節を正しい位置に合わせてみても腓骨上方に上がる痛みが緩和されなかったので、腓骨自体の膜調整をして骨の配置を足関節だけではなく、受皿側の脛腓骨配置も正常化させるべく手技を施してみました。

捻挫の場合、もちろん初期処置としてRICE処置が基本ですが、骨の配列を同時により正しい配置にしておくことで、予後の関節可動性や痛み違和感の残り方にも違いが出てきます。完治させる為に重要なことなんです。

そこでようやく立位での痛みが大分緩和されたので、歩いてもらうとなんとか歩けたので、その日はそれで終了して、損傷による腫れが引くと更に痛みは楽になるので、それまでは安静にとお話ししました。

1日も早く部活が出来るように最善を尽くします。

ありがとうございました。

池田


投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2016.12.23更新

兵庫県伊丹市在住 40代 女性
1年半振りの再診で来院されました。

バレーボールをされていて、右膝が痛くなっているそうです。ただこの痛みは1年前からで、後十字靭帯損傷という診断が付いているそうです。今回はそれをサポーターやテーピングで騙しだましやってきて、いよいよ左膝にまで痛みが出てきたとのこと。

実際を診てみますと、右膝はPush test陽性、確かに後十字靭帯のテンションが緩んでいる感じです。立位にて膝屈伸運動で痛みが出ます、特に左膝の内側の痛みが著明で右膝にも痛みと不安定感があります。

ただやはりその状況を放置し(実際には他の整骨院での治療を受けてはいたそうですが‥。)
もはや屈伸時の下肢の運動軸がズレてしまっています。痛みに対する代償運動が起こっているようです。

正しい運動軸へ膝関節の位置を操作しながら屈伸してもらうと、痛みと不安定感が減少するようなので、膝を直接触るということはせず、骨盤股関節ユニットから下肢のアライメント矯正を広角に行ってみました。
足部の位置から、下腿の脛腓間の配置、膝関節の関節面アライメントの正常化を図るように。
その後で右膝の安定性を高める治療をしてみました。

治後は屈伸時の痛みがなくなり、右膝の不安定性も若干の改善がみられ、屈伸運動はし易くなるけど、痛みは未だ残る感じです。
後十字靭帯が安定を図れない分に対して、将来的には近辺の筋の強化も必要かもしれないですが、先ずは正しい位置で曲げ伸ばし出来るようになることが大切です。

そのことをお伝えし、日常の注意点を説明しその日は終了しました。楽しいバレーボールが出来るように頑張りましょう。

ありがとうございました。

池田

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

前へ