痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2016.11.29更新

症例レポート
大腿部打撲
40歳代 女性 箕面市在住 再診

子供と一緒に最近空手を習い出された元気な素敵な女性です。
先日、稽古中に師範の先生の蹴りが左の大腿部の側面に当たりました。
あまりの痛さに思わず叫んでしまったらしいです。
最初は、蹴りの当たった患部が痛かったのですが、日にちが経つごとに、左の膝と股関節が痛くなるようになり、心配になって来院されました。

まず蹴りの当たった患部を確認しました。腫れや熱感はありませんでした。強く押さえると圧痛がありました。しかし今痛いのは、膝と股関節です。屈曲位(しゃがむ)で痛みがでます。

なぜでしょう?おそらく股関節と膝の両方に関係する筋肉が関係していることが考えられます。蹴りの当たった患部は、大腿筋膜張筋になります。まさに股関節と膝をまたいでいる筋肉です。
蹴りが当たったことで、打撲のようになり筋肉が挫滅して癒着してしまっていました。
癒着を起こすことで、筋肉の動きに制限がかかり、関係している股関節と膝の痛みにつながったのだと思います。

筋膜張筋の癒着をはがし、筋肉の動きをつける施術をすると、屈曲位での股関節と膝の痛みはほぼなくなりました。

空手やサッカー、ラグビーなどのコンタクトスポーツは、打撲などの怪我は日常茶飯事だと思います。打撲の痛みの施術も大切ですが、二次災害としてでてくる関節の痛みには特に注意が必要です。打撲した筋肉は、必ず癒着します。その歪みは、時間をかけて出現してきます。しっかりした施術が必要なのです。
前田

 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2016.11.22更新

pic20161122234713_0.jpg



こんばんわ。前田です。
今日は、最近知った雑学を紹介します。

雑誌のTazan掲載されていたコラムからです。

人間の脳には、夕方になると衝動買いをしやすくなる性質があることが明らかになりました。
南ミシシッピ大学の研究グループが消費者の購買行動を分析して明らかになりました。

朝から昼間にかけては、脳内で理性を生み出す前頭前野が活発に働くため、衝動買いも起きにくいのです。
夕方になると、購買意欲は旺盛のままなのですが、それを制御する理性の中枢の前頭前野の機能が低下してきます。
そのため、夕方に衝動買いが起こりやすくなるのです。

人類史上、こうした夕方の効果を最も悪用したのが、アドルフ・ヒトラーです。
ヒトラーは、必ず夕方に演説をしました。
戦争を仕掛けてドイツを強大な帝国に拡大したいという衝動を見事に刺激しました。もう少し理性が働いていれば、こんなに国民は熱狂的にならなかったかもしれません。

みなさまも、仕事で大事な商談やプレゼンがあるときは、夕方に行ってみてはいかがでしょうか?

 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2016.11.18更新

症例レポート

股関節の痛み
17歳 男性 高校生 再診 池田市在住

高校球児です。秋の大会も終わり、身体作りのシーズンになり、走り込みが多くなってくるシーズンには、怪我が多くなってきます。
今回も、ダッシュを繰り返し行っているうちに右の股関節が痛くなって来院されました。
股関節の自動運動や他動運動では、痛みの再現が出来ませんでした。
このことから荷重位で負荷がかかった時に痛くなることが想定されます。

荷重位で繰り返し走ることで、右の股関節が痛くなるということは、右足の荷重位がずれていることが原因だと思われます。
本人も股関節のストレッチなどをして対応していたのですが、痛みが変わらないために困っていたということです。

原因は、股関節ではないため、ストレッチをしても効果がないのです。
荷重位を決めるのは、地面に接地している足底です。足底のどの位置に体重を載せるかで荷重位が決まります。
今回の場合は、以前右足の捻挫歴があり、シンスプリントにもなっている受傷歴からして、やはり右足の足首の接地不良が原因でした。
簡単に言いますと、足の小指側に荷重位がずれていました。靴が外側がすり減っていることからもわかりました。
要するに、足の外側に荷重している状態で走っていたのです。
右足の外側に荷重した身体のバランスを支えて中心に戻そうとして、股関節の外側に付着している中臀筋が緊張して痛みを発していたのです。

右足首を矯正して、傾いた身体のバランスを整えて、ストレッチと走り方の指導をして次回にその経過を教えてもらうことにしました。

痛みがでている部分が、治療箇所とは限りません。
そもそも痛みが出ている部分は、被害者です。原因となっている加害者の部位を検出して治療しないと、なかなか症状はとれません。

湿布やアイシングなどの対処療法では、症状は解決しません。
しっかり原因を探り出し、治療していくことが、私達ナチュラルキュア整骨院のスタイルです。

 

 

 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2016.11.01更新

こんばんは。前田です。
施術家の独り言を書きます。

私の仕事は、患者さんの身体を治すことです。
身体を治すってどういうことなのでしょうか?

外傷した身体を治すためには、まず破損した構造を再建しないといけません。
簡単にいうと、壊れたプラモデルを接着剤などで修理するようなものです。
骨折した骨を、手術でプレートやワイヤーで内固定することや、ギブスで外固定するような治療が構造の治療になります。
骨折した骨がくっついた段階で構造の再建は終了です。
でもこれで身体はを治ったといえるのでしょうか?

身体は、構造と機能で成り立っています。
プラモデルなら動きませんので、構造を修理するだけでいいのです。
私達人間は、動きますので、構造を直した後にしっかり機能も修復しないといけません。

しかしながら機能を修復するのは、非常に分かりにくいことなのです。
機能がどれぐら修復したのか画像検査などでは分かりません。
筋力検査や関節の可動域検査などが必要となってきます。
また正しい動きをしているかなどの動きの方向の修正なども必要です。

私は、この機能の修復が非常に大事だと思います。
構造を直し、機能の修復が正しく行われて初めて身体は治ったといえるのです。

今の医療では、構造の修理がメインで機能の修復は軽視されているように思います。
軽い捻挫だとしても、しっかりとした機能の修復が行わないと、少しの機能不全から構造の破壊につながっていくのです。

私は、身体を治すという仕事をさせてもらっている以上、この構造と機能の修復をしっかりやっていきたいと思います。
しっかり修復すると怪我の再発の予防につながります。
また怪我を起こさない強い身体になれます。

健康な身体の人が増えることで、医療費の軽減にもつながります。

安倍総理大臣が言っていた予防医学の発展につながるのです。

たかが整骨院ですが、真剣に患者さんの身体を治すことで、日本全体の発展にもつながってくると私は思います。

ただの独り言なので、独自の見解で偏った考え方ですが聞き流してくださいね。

 

 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院