痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2015.06.15更新

気圧が低い日は

頭痛や肩こりが悪化する
体調が悪化する
だるい

などなど不調を訴える方が増えます。

なぜ体調不良になるのでしょうかɿ(。・ɜ・)ɾ?

そもそも「大気圧」とは

天気予報でお馴染みの気圧の値は
hPa(ヘクトパスカル)
「1013.25 hPa=1気圧」と定義され、この数値を基準に

晴れの日は大気の圧力が上がり高気圧
雨の日は大気の圧力が下がり低気圧

となります。

「1気圧」の時は「1の力」で全身が大気から常に押されている状態ですが、
気圧が低下すると大気からの圧力が低下し、体は膨張します。
大気から全身を抑えつけている力が弱まる、ということです。

ホースで水を撒いている時、ホースの口を潰すと、水流が強くなりますよね。
圧が強いと水流が増す、という原理の血管版と考えると…

低気圧の場合は圧が弱まるので全身の流れが悪くなります。

つまり、
低気圧=血流・リンパ循環不良→体調不良

というメカニズムなんですε٥

血流・リンパ循環不良が原因なので、
血流を上げる為には

軽い運動
ストレッチ
ゆったりとした入浴

オススメですよー♬⊂(^ω^)⊃ 


pic20150615084512_1.jpg

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2015.06.08更新

近頃、『30日スクワットチャレンジ』が流行りつつあるとか?
ヒップアップ目的だそうで、初日は50回。どんどん増やしていって30日目に250回するそうですよ。1日の中で合計がその回数になればいいのですが、30日間だから頑張れる回数ですねー(¯―¯٥)

前にもお話しましたが、スクワットは身体の大きな筋肉を総動員した効率のいい運動なので、ボディメイクにもってこいなのは確かです。
しかし、何と言っても下肢の筋肉には循環器としての役割があります。

生きるためには全身を体液(血液・リンパ液)がクルクル循環していないと話にならんっっ!

ということで、生命維持させるために筋肉を動かす必要があります。
重力下で心臓より下にある体液を押し上げて戻すのは、筋肉の収縮・弛緩を繰り返す『ポンピング作用』によるものです。

高齢になると血圧が上がるのは、運動不足・筋肉量減少による『ポンピング作用』の機能低下を補うために血管を硬くさせて圧を上げる必要があるからです。

生きるために身体が適応させていることなので、年齢を重ねるにしたがって血圧が上がるのは自然なことです。

適切な数値に落とすために運動をすすめられるのは、生きるために不可欠な循環を、血管の圧を上げて行うのではなく筋肉を使った『ポンピング作用』に切り替えるためですねʢ•ꇵ•ʡ

おしりを引き上げたい、くびれをキュキュっと…気持ちは分かりますが、流行りで終わらせずに日々やり続けられる回数でずっと続けて欲しいと思います♪(๑ᴗ)و


pic20150608084432_1.jpg

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院