痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2016.11.07更新

お天気やとルンルンでスタート! ٩( ᐛ )و

高級住宅地の間を通って登山口を目指していると、前の方ですでに子供がシンドイと道路に座り込んでダダをこねながら動かない…(๑๑)
これから標高900mは上がるのに

子供よ!
挑むのか⁇ 逃げるのか⁇

そんなことを思っていると、800mくらいのところで
「負けへんで〜、なにくそ〜」とか大きな声で言いながらヒョイと抜いて行き、いろんなところで「ヤッホー」「ヤッホー」叫んでいました(๑>◡<๑)
挑むことを楽しんでいて、なんだか
ホッコリ……♪

いやいや。
頂上近くなると小雨の中ビュンビュン風がぶっ飛んできて、寒すぎる〜〜〜
皆さん頂上にタッチしてすぐ降りるといった感じ。
私たちもオニギリと暖かいコーヒーを流し込み、すぐ下山しました。

そんな中、60~70代の集団が目の前で大きな鍋を出し、野菜を切り出しているっ(˚ଳ˚)
何を作るのか聞いたら

「鍋作んねん♪」

バシバシ身を切るような風も気にすることなく、女性が男性に指示を出し、素直に手を動かす男性、後ろで何もせずウロウロしている男性。
まるでおうちの台所のように淡々とした空気…

動じない、平常心。

なんだか、お子ちゃまからご年配まで
山を通して「人生の機微」を見たようで
ホッコリ♬

ちなみに、標高450mくらいの風吹岩で生活しているニャンコに出会いました。
テコテコテコテコ近づいてくるかわゆいニャンコでしたが、登山者が来るとご飯の調達に出てくるんですね。
こうやってこんな過酷な場所で生き抜いているたくましさに、「ニャン生の機微」も見せていただきましたよꈍ .̮ ꈍ


pic20161107185517_1.jpg



pic20161107185517_2.jpg

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院