痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2011.11.27更新

やる気スイッチ、其の①。 ボディ、 カラダなんですけど、


簡単な話しですが、とにかくやり始めてみる。


やる気が出たらがんばる!ではなくて、動いているうちにやる気になっている。というのが脳科学的にはホントだそうです。



これは脳のメカニズム的には、「自己知覚」というもので、「カラダの状態を脳がキャッチし、ココロの状態をそれに適合させる」というものです。


脳の「運動野」がそれをやり、脳の中にあるやる気を起こす部位である「淡蒼球」のスイッチを「オン!」にしてくれるのです!





一番分かりやすいのは、顔の表情筋による感情の変化です。


笑顔を作るとココロもポジティブに、歯を食いしばってイーッてしてるとココロも荒々しく、への字口だとネガティブなココロに、本当になっちゃうんですよ!


脳が表情筋のパターンにより、感情を選択しているんです。感情は外的要因による不随のものだけではないんですね。





だからカラダをあたかもやる気マンマンな状態に、ムリヤリにでも作り出せば、脳がココロをやる気の感情に変化させてくれるんです。


考えるより先に動く。 まさに 『案ずるより生むが易し。』


これがやる気スイッチ其の①、「Body」です。


投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2011.11.14更新


やる気の秘密――?



この本はなぜ「のうだま」という題なのか。



―――それは「脳をだます」という意味と、「脳の玉」と、両方の意味合いなのです。




前回お話した『馴化(マンネリ化)』とは習慣化するために必ず避けては通れない道なのですが、

3日坊主脱却の為には、とにかく馴化を起こすためにムリヤリでもやりまくろう!
なんてムチャな話しを書きましたよね??



それが出来ないのが3日坊主なんだぞっ!という意見もあると思います。当然ですね。




でもね、実はあるんです。それを乗り越える「やる気スイッチ」が。


しかも、これはとても科学的根拠のしっかりしたものです。



キーワードは  「B」 「E」 「R」 「I」  の4つのアルファベットの頭文字。



順に、お話したいと思います。





が、長くなるので次回からで(笑)......(つづく)



ちなみに、 「脳の玉」 とは 「淡蒼球」 のことを指します。

やる気の秘密の「青い玉」がポイントになるんです・・・・・・解剖するとほんとに青色をしているそうです・・・・・・

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院