痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2012.06.17更新

アルコールの正当性??の話し・・・じゃなかった、カラダに与える影響の話しをしていましたね。


簡単に言えば、アルコールは大脳皮質を、理性を抑制するわけです。


ただ、これには落とし穴があって、「zif268」という「ストレス遺伝子」がありましたが、アルコールがカラダに入ると、大脳皮質ではその遺伝子の活動はストップするんですが、脳の他の部分では活動が止まらないところも見つかっているんです。


特に「視床下部」はストレス遺伝子の活動が全く止まらないそうです。


視床下部はいろんな仕事をしていますが、脳やカラダのストレスをコントロールもしています。だからカラダのレベルではストレスはなくなっていないということになります。


解放されるのはココロだけ・・・



残念ながら、アルコールを呑むことが身体的な健康には全く結びつかない。ということも科学的に実証されちゃった・・・て話しです。

これで精神衛生上の恩恵もなければ・・・ただの「毒」ということになっちゃいます。



遠い古代の大昔から「お酒」は存在し、現代に至るまで風化することもなく、世界中で愛されてやまない・・・お酒。
カラダにはよくない・・・今さら誰もが何となくはわかっているのに。 科学的に証明されたからといって、これからも存在が消滅することはない・・・お酒。



古代人?・・・テルマエ・ロマエみたいな・・・? 

 自分が晩酌しながら今日の出来事を振り返ったり、ぶつぶつ愚痴りながらだったり・・・、 仲間と楽しく飲んだり、 ニュースを見ながら憤りを感じたり、 感動したり・・・、いろんな場面で呑むお酒も・・・
                          ・・・・ロマエも晩酌してたのかな?

次にひとり晩酌するときには、すこし感慨深いものに感じるかも・・・?
先人に感謝・・・(おおげさすぎる・・・?)









投稿者: ナチュラル・キュア整骨院