痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2012.03.27更新

Aグループの中にあったタンパク質。

タンパク質というのは、アミノ酸という小さい物質がたくさんつながった物で

す。

遺伝子の情報によってアミノ酸がつなげられていろいろな身体の構成要素

になっていきます。

人間に必要なアミノ酸は20種類です。

その中で、体内で作ることが出来ず食事で摂らなければならない物を、必

須アミノ酸と言います。

 必須アミノ酸9種類
  ・バリン
  ・ロイシン
  ・イソロイシン
  ・スレオニン
  ・フェニルアラニン
  ・トリプトファン
  ・ヒスチジン
  ・リジン
  ・メチオニン

やっと覚えました・・・coldsweats01

この9種の『必須アミノ酸』は人間にとって『欠かしてはいけない』物です。


こんな話を本で見つけました。
犬と猫を飼っている人が、面倒なのでドックフードを犬と猫に与えていたら、

猫だけ失明したそうです。

ドックフードには犬に摂っての必須アミノ酸が、キャットフードには猫に必要

な必須アミノ酸が含まれており、内容は同じではありません。

猫にとっての必須アミノ酸である、『タウリン』は犬にとって必須アミノ酸では

無いため、ドックフードには含まれていなかったんです。

犬は体内でタウリンを作ることが出来ますが、猫はタウリンを作ることが出

来ないため、食べ物から摂る必要があるんです。

(タウリンは哺乳動物の視覚刺激に関する重要な物質です。人間にとって、

タウリンは必須アミノ酸ではありません。)



と言うことは、人間でも9種の必須アミノ酸のどれか一つでも欠けてしまっては、

身体に影響が出ることは避けれません。

だから、これら9種の必須アミノ酸を摂らなければならなりません。

でも、普段からよっぽどの偏食をしていない限りこれら9種類は食べることが出来

ます。




投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2012.03.22更新

60~70%が水であると書きました。

液体である血液は想像しやすいですよね。

で、むくみのことを書いた時にも言いましたが、細胞の中にも、細胞と細胞

の間にも水分が含まれています。

この水分があることで、いろいろな化学反応が起こり、人間は生きていける

んです。


たとえば、ご飯を食べるとき、脳から口の筋肉に『噛めっ』と命令されて、

口の筋肉が動き、食物を噛むことが出来ます。

この神経からの命令とは、イオンと言われる物質が神経細胞の中を出たり

入ったりすることで伝えられるのですが、イオンが移動するには水分が必要

です。

この他、いろいろ体内でたくさんの水分が活用されています。

(体重の2%でも失われると、強い喉の渇き、食欲減退などの不調が起こっ
てきます。)

したがって、水分を一定に保つことがとても大切です。

でもこの水分は、尿、汗、呼吸などで失われてしまします。

汗は寒い時期でもかいているし、はき出す息とともに水分は蒸発しています。

喉が渇かなくても、水分は生きている限り失われているので、水分摂取を忘

れてはいけません。


汗や呼吸  900ml
尿      1,300ml
便      100ml
計 2,300ml
が1日のうちに、体外に出てしまします。(正常成人男性の場合です。)

水分を一定に保つためには、この量を摂らないとだめになります。

身体の中で起こるいろいろな化学反応により、300mlの水分ができるので、

2,000mlが必要です。

よく、『2Lの水を飲みましょー』というのはこの為です。

3度の食事に含まれる水分(お茶やみそ汁も含めて)が、1L位になるので、

その他で1L位飲まなければなりません。

500mlのペットボトル2本分です。

『多いなぁ』と思った人は、摂ていないと思います。


身体が正常に働くために必要な水分、皆さん摂っていますか?

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2012.03.14更新

前回の書き方では、フラクトオリゴ糖は摂らなくて良いという風になってしまっ

ています。

スミマセンッッ!!wobbly

そんなつもりはなかったのですが、言葉足らずでした!!


フラクトオリゴ糖は摂らなくても死にはしません。

それは事実です。

でも、フラクトオリゴ糖を摂取して、ビフィズス菌を増やすことで、大腸でのミ

ネラル類の吸収が促進されるそうです。

ビフィズス菌(も含めて、腸内細菌)はビタミンも合成し、これらのビタミンも

人間にとって重要です。

これらミネラルやビタミンは吸収されて血中を流れ、身体のいろいろなところ

に届けられて、新陳代謝に役立てます。

消化管が常に新陳代謝され、良い状態なら、栄養の吸収という仕事も上手

くこなしてくれます。

以前も書きましたが、人間の身体は食べたもので出来上がっているので、

栄養の吸収が上手くいくことは、身体を作る材料の確保になり、とても重要

なことです。


しかも、人間に悪影響を及ぼす細菌が増えることにより、有害なガスを発生させた

りもします。

それらも体内に吸収されてしまうので、ビフィズス菌が多い状態を維持することは

とっても重要です。


今後、こんな訂正をしなくてすむように、気をつけますねcoldsweats01





 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院

2012.03.05更新

長々と腸内細菌とフラクトオリゴ糖について書いてきました。

こんだけ書いておいてなんですが、フラクトオリゴ糖は人間に必ず必要なも

のではありません。

簡単に言うと、フラクトオリゴ糖を摂らなくても、人間は死にはしません。


では、人間に必要なものっていったい何なんでしょう?


人間は多くの水で出来ているって聞いたことないでしょうか?

ではどのような割合で出来ているのか、かいてみましょー。

Aグループ
 水:60~70%
 タンパク質:15~18%
 脂肪:15~18%

Aグループだけでほぼ100%に近くなってしまいました。

水の割合がとても多いですよね。

そして、意外と思う方も多いと思いますが、脂肪も結構必要なんです。

そして、

Bグループ
 糖:0.5%
 必須元素:3~4%
 ビタミン:0.1%

も必要です。

Aグルーにと比べると、Bグループの量がびっくりするほど少ないです。

ビタミンなんて、めちゃ少ない!!

(そして、このA、Bグループにはフラクトオリゴ糖は含まれていません!!)

でもこの少量の物質でさえも無いと、人間は出来あがらないんです。

そして、高齢の方でも、子供でも、赤ちゃんでも必要な物質は同じです。


そんなこと、考えたこと無い人がほとんどだと思います。

私もそーでしたし・・・

ってなわけで、考えてみましょー!!


 

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院