痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

2012.04.17更新

上手にタンパク質を摂るために知っておいてほしいことがあります。


9種類の必須アミノ酸が、人体に含まれている比率に近い食品ほど良質に

なります。

この比率が100%、つまり人体と同じも比率のものを『プロテインスコア

100』と言います。

この比率を食品別で表にしたものが下記になります。




では、この表から少し考えてみましょう。


卵は、プロテインスコア100で必須アミノ酸が人体と同じ比率で含まれ

ます。

タンパク質の代表格である『肉』はスコア100ではないんですね。

『畑の肉』と言われる『大豆』のスコアは卵の半分です。

動物性タンパク質の方がスコアが高いですね。

しかし、牛肉では100グラム中に含まれるタンパク質が19.3g、その中

の80%が人体に有効に使われます。

計算すると、
60㎏の人の場合は60gを摂取しなければなりませんので、
卵だけで摂ろうとすると、
  60g÷(12.7g×100%)×100=472.44・・・
卵1個はMサイズで60gほどですので、
  472g÷60g=8個弱

牛肉だけで摂ろうとすると
60g÷(19.3g×80%)×100=388.6・・・
約390gになります。

どちらも多いですよね。(そして、計算するのがイヤ・・・)

これほどの量を1日に食べているかというと、難しそうですね。

でも、60㎏の人はこれだけの量を食べないと、身体の毎日の新陳代謝

で使われるタンパク質が足りないことになります。

これを大豆を使った豆腐で計算してみると
  60g÷(6.0g×51%)×100=1960.7・・・
約5~6丁になります。現実的にはあり得ない量です。

どれをみても相当な量を食べなければなりません。

(そして、計算がイヤ・・・)

でも、ごはんも食べ、副菜なども並ぶ食卓なら、それらからも少量ですが

タンパク質は摂取できます。

では、これらを毎食計算して、食事をしているかと言うとそうではありませ

ん。

グラムをはかって計算するのは正直煩わしい・・・

だから私は、卵を1日、2個は食べるようにしています。

Mサイズ1個(60g)に含まれるタンパク質は7.6gです。

2つ食べると15gは摂れていることになります。

あとは、主菜に動物性タンパク質をいれ、毎日の食事をしています。

こうするとタンパク質を簡単にプラスできます。

計算をいちいちしろとは言いませんが、毎食にタンパク質が含まれている

のかを考え、手軽にタンパク質を取り入れてみましょう。

投稿者: ナチュラル・キュア整骨院