当院について

当院について

当院の方針(コンセプト)

Walking & Manual Medicine
ウォーキングは“二足歩行”、マニュアルメディスンは“徒手医学”を意味します。ナチュラル・キュアでは、身体の歪みを生み出す運動パターンを、あらゆる角度から分析し、患者様に応じた手技療法・鍼灸・運動指導・栄養指導・メンタル指導などを行うことで、正常な運動パターンへと修正するところまでを通常の施術プロセスとして位置づけています。

その結果、今までよく分からなかった歪みのメカニズムと、その修正法について、患者様自身が明快に理解することが可能になる上に、自己管理の領域にまで改善・到達することが出来るようになります。

ウォーキングについて…

間違った生活習慣・運動不足、不適切な健康法などから、本来のバランスが崩れ、筋肉の弱化・短縮、関節の可動域の減少などが起こり、正常な二足歩行が出来なくなってしまいます(靴やソックスも影響します)。このような状態のままで行うスポーツやトレーニングは、間違った使い方を強化しているだけに過ぎず、スポーツ障害やトレーニング障害の大きな原因となっています。
日常生活の中で発症する、よくわからない痛み・重だるさ・引きつり感・しびれ等の様々な症状(不快感・不定愁訴)は、二足歩行パターンが崩れた状態であるために生じる歪みのストレスが、他の部分で補正しきれなくなった時に表面化したものです。
このような症状は、表面的な施術(マッサージ・温熱・電気・薬物などを使った症状の一時的緩和)を行うだけでは根本解決には至らず、長期的に見ると症状は徐々に悪化の一途を辿ります。
ナチュラル・キュアでは、あらゆる痛みや不定愁訴を持つ全ての患者様に、本来あるべき二足歩行パターンを理解して頂き、正常化のためのプログラムから取り組んで頂くことを基本コンセプトに、日々、診察・治療に当たっています。

マニュアルメディスンについて…

近年、現代西洋医学における薬物・手術療法にとって代わるものとして、患者様の身体にやさしい代替医療が、世界的に新たな医学のトレンド(潮流)となりつつあります。

代替医療とは、具体的に言うと東洋医学(ハリ・灸・漢方)、インド医学、ビタミン療法、ハーブ療法、アロマテラピー、免疫療法、精神・心理療法、各種手技療法などに代表されるように、通常の医学校や病院では実践されて来なかった医学・医療のことを指します。時代のニーズに応えるカタチで、作用機構や有効性が科学的に証明されているものが今、急増しています。

こうした代替医療の中でも、特に手技療法に関しては、比較的早い時期からその効果が注目され、諸外国では専門的に教育する大学なども多く存在しています。手技療法には、様々なテクニックや流派があり、互いに競い合いながら進化を遂げ、発展して来ましたが、近年、それぞれのテクニックの理論やメカニズムが、より詳細に解明(解析)されたことで、それぞれの良いところを統合し、臨床で用いることが出来るようになりました。このように、手技療法を統合的に体系づけた治療のことを、マニュアルメディスンと呼んでいます。

3つの強み(こだわりポイント)

1. 症状を引き起こす原因を的確に突き止める考察力(可能性の広さ)

私たちナチュラル・キュアは、患者様の症状の原因を正しく絞り込むために、過去のケガ・手術、血流・リンパ、脳・神経、頭蓋・咬合、内臓、構造、バランス、栄養、生活習慣、メンタルなど、多岐にわたる項目から、あらゆる可能性を探ります。不調はいつから?どんな症状?ラクな姿勢は?痛む時間帯は?など患者様とのコミュニケーションを密に図りながら、ひとつひとつの要因を精査し、見極めます。問題視する視点が多ければ多いほど、様々な可能性を考察することに繋がり、結果、正しい原因究明が出来る上に、私たちが対応出来るゾーンやパターンも、どんどん広がることになり、スキルおよびノウハウのさらなる蓄積へと繋がっています。

2. 症状を改善する100以上の手技アプローチ(手技療法の幅広さ)

ナチュラル・キュアの施術へのこだわりは、原因をどれだけ細かく診てアプローチ出来るか…にあります。以下に挙げた部位・機能・状況・現象・生活などについて細かく検証することにより、正常ではない箇所・機能を見つけ出し、様々な手技療法・指導を最適なカタチで行うことが可能になります。

  • 脳・神経/頭蓋・仙骨T、SOT、筋エネルギーT、Pジショナル・リリース、スラスト
  • 構造/皮膚(ロルフィング・マッサージ)、筋膜(筋膜リリース、オーソペディック・マッサージ)、筋肉(ポジショナル・リリース、筋エネルギーT)、関節靭帯(関節モビリゼーション、スラストT、マイクロマニュピレーション)
  • 血流・リンパ/リンパドレナージュ、リンパポンピングT、遠赤外線ドーム
  • 過去のケガ・手術/癒着・瘢痕(カッピングT、膜リリースT)
  • 内臓機能障害/内臓リリースT、TSI膜T
  • 頭蓋・咬合・顎関節/頭蓋・仙骨T、クラニアルT、TMJ筋矯正法
  • バランス調整/トータル・ボディバランシングT、SOT
  • 栄養/サプリメント、栄養指導
  • 生活習慣/姿勢指導、正常運動パターン指導、ストレッチ、ウォーキング
  • メンタル/スリーインワン

当院での施術は、これらの膨大な療法の中からの限局(範囲を狭く限ること)したアプローチとなるため、手技や治療法よっては痛みを感じることも稀に起こります。

ただ、そこで躊躇してチカラを弱めてしまうと深さが変わり、ポイントから外れることになりかねません。狙いが合っているからこそ痛むこともあると、ご承知置きください。正常な質と動きに戻れば、同じ治療をしても痛くなりません。本来、どの部位であろうとも、無痛で動く(機能する)ものなのです。

3. 症状を理解するインフォームド・コンセント(安心と信頼の醸成)

患者様に、ご自分の身体と心の状態を“気づいてもらう”ために、ナチュラル・キュアでは、身体のメカニズム・姿勢・歩行・運動・栄養・睡眠など、生活に関する様々な事柄について、納得のいくまで細かい説明をさせて頂くことにしています。

いわゆるインフォームド・コンセントの徹底です。患者様が自らの身体を見つめ直し、使い方を改めることが、結果として治療の効果をより高めることに繋がります。患者様と私たちが互いに協力し、身体の再教育に取り組むために必要な取り組みであるとお考えください。

『これは…整骨院には関係ないだろう』などと勝手に判断されず、身体に関する疑問や不安があれば、何でもご相談ください。全てが繋がってこその1つの身体。今、出ている症状との関連を考える有益なヒントになることも多々あります。

患者様が抱えておられる身体の問題を、つぶさに把握されることはとても大切です。もちろん、施術する私たちにも分からないことがありますので、正確な答えが出ない場合もありますが、必ず調べ上げ、私たちの見解としてお答えし、疑問を解消出来るよう努めます。

メビウスの輪のマークに込めた想い

無限に繰り返される様を表す“メビウスの輪”の中に、NCS(ナチュラル・キュア・スペース)と言う場所を提供させて頂きます。

メビウスの輪の3辺を形成するのは、ケミカル(薬・栄養)メンタル(感情)ストラクチャ(構造)です。この3つの要素が連動する三位一体のアプローチこそが、私たちナチュラル・キュアの取り組みを象徴する、コア・コンピタンス(中核能力)です。

ナチュラルキュア整骨院の10の意図

1. 骨格の位置関係(アライメント)を正します

ゆがみやねじれなど、異常のあるアライメントのまま使い続けると、その間違った位置でバランスをとることが上手になってしまいます。とは言え、骨の位置が悪い状態のまま無理やり安定させているため、筋肉・筋膜・皮膚は異常な緊張を強いられます。
この状態を放置する訳には行きませんので、手技療法を使って緊張を緩和させ、骨格が正しく収まる方向へと導きます。

2. 関節のスムーズな可動を実現させます

人の関節はひとつひとつ、動くべき方向・角度・遊びが決まっています。全ての関節が正しく働いてこそ、スムーズに連動した全身運動としての歩行が確立されることになります。

一方、どこかの関節が硬くなっていたり逆に緩すぎたりすると、歩行は滑らかさを失い、ギクシャクした動きになります。この状態を改善するために、動いていない関節および、動き過ぎている関節の可動域を修正します。

3. 筋膜の短縮・硬直・癒着を防ぎます

私たちの身体の中には、臓器・骨・血管・神経・筋肉・皮下組織など、様々な器官が“おしくらまんじゅう”のようにパンパンに詰まっています。にも係わらず、どんな動きをしても元の位置にちゃんと戻れるのは、全ての器官が筋膜と呼ばれる膜に包まれているからです。

主成分のコラーゲンは、ピンと張りを与えることで適正な位置で安定させる役割を担っています。エラスチン・滑液は、隣り合う組織と干渉し合わないよう、ツルツルした滑りとノビノビした柔軟性を持たせることで身体の動きに対応できるようになっています。ところが、不良姿勢・ケガ・緊張・ストレスなどにより、コラーゲンが増殖・高密度化した結果、筋膜の短縮・硬直・癒着が起きます。このような“滑走不良”を修正することで、本来の滑りと柔軟性を取り戻します。

4. 正しい神経ルート(伝達)を確保します

歩く時に、足の裏で地面の状態を察知し、その情報を脳に伝える役割を担うのが、感覚神経です。
多くの情報が正しく伝わることで、脳は正確な状況判断やきめ細やかな指令を出すことが出来るのです。情報量が少ない場合や間違った情報が脳に伝わると、雑な指令・誤った指令を出すことになり、結果、ふらつきや転倒の原因になります。

また、脳からの指令を筋肉へ正確に伝える運動神経についても、正常な伝達が行われなければ、筋肉の動きが遅れたり間違った動きになることから、ふらつきや転倒の原因になります。
この一連の仕組みが常に正しく機能することが出来るよう、神経ルートの問題点を見つけ出し、修正を加えます。

5.筋肉を働きやすい状態に調整します

正しい歩行を行うためには、次に示す5つの一連の動作が円滑に行われる必要があります。

  • 1.スムーズな足の振り出し
  • 2.衝撃を抑えた着地
  • 3.しっかりとした踏み込み
  • 4.安定した体重支持
  • 5.捻れのない踏み切り

これを実現するには、アライメント・関節可動域・筋膜滑走・神経ルートの各機能が正常であることに加え、それぞれの動きを司る筋肉の働きが重要になってきます。正常歩行に必要な多数の筋肉を、働きやすい状態に修正した上で、必要とする筋力を一定レベルに保つための、歩行に特化した筋力強化トレーニングを行います。

6. 血液の循環(流れ)を良くします

長時間の歩行が困難あるいは、歩行後の疲労が酷い人は、体液の循環が上手くいっていない可能性があります。動脈で栄養を運び、静脈・リンパで老廃物を回収する一連の流れがスムーズに行われなければ、筋力や筋持久力の低下を招きます。

血液の好循環を保つためには、血管が圧迫されることなく、血管内の血液がスムーズに流れることが大切です。血管が通る筋肉の間を緩める、あるいは、血液を押し流すためのポンプ作用を促すなど、筋肉に柔軟性を持たせるための取り組みを行います。

7. 姿勢を安定させる働きを正します(姿勢制御)

まず、感覚神経(視覚:目、平衡感覚:耳、体性感覚:皮膚・筋・腱・関節・内臓)で情報を仕入れて脳に知らせます。次に、脳は送られてきた情報を統合させます。周囲の環境に対し、脳は「体」が今ある状況を把握し、「体」を安定させる位置を決め、筋肉に指令を送っています。

これが、姿勢制御のメカニズム。感覚神経と脳と筋肉のやりとりが、凄まじいスピードで繰り返されることにより、人の体は転ばずに済む訳です。じっとしていても、「体」は細かく揺れ動いています。これこそが、ブレる「体」を微細に修正している証。「感覚神経⇨脳⇨筋肉」の連携作業のなせる業です。
こうした連携がどこかの段階で上手くいかないと、めまい・ふらつきの症状に繋がります。なので、姿勢制御の訓練を、正しいアライメント(位置関係)で行うことが大切になって来るのです。

8. 運動を安定させる働きを正します(運動制御)

運動制御のメカニズムは、姿勢制御と同じです。
「感覚神経⇨脳⇨筋肉」の連携作業により、運動を安定させることが目的。たとえば、スポーツ選手が何度も繰り返して同じフォームを練習する行為がこれに当たります。

練習を通して逐一変化する状況から様々な情報を仕入れる感覚神経の働きを養い、様々なパターンの情報を処理し、どんな環境・状況であっても、効率の良い安定した位置を決め、筋肉に指令を送る脳の働きを養うことが出来ます。

常に経験させ続けることで機能を高め、維持することが出来ます。練習をサボる(繰り返しの運動を止める)とヘタクソになるのは、運動制御システムの能力が低下してしまうからです。歩行のための運動制御トレーニングの重要性がここにあります。

9. 筋膜の滑走をなめらかに維持します

不良姿勢・ケガ・緊張・ストレスなどで、短縮・硬直・癒着を起こしてしまった筋膜の滑走不良を修正すると③で述べましたが、筋膜に動きを付けたとしても、その箇所を動かさないでいると滑液は分泌されませんので、動かし続けることで、なめらかな質を維持出来るところまで持っていく必要があります。

動きを付けることは、筋肉そのものを正常化させ、適度な張り・筋力が発揮されやすくなるのと同時に、筋肉の間をすり抜けてはってくる血管の圧迫・牽引が起こらないため、血液の循環もアップします。さらに、栄養が行き届き、老廃物が出て行く正しいサイクルが滞り無く行われることにより、筋持久力も付いて来るのです。

運動をすると、すぐにパンパンになる・力が入らない・だるくなる…と言った症状が出るのは、その箇所が滑走を維持出来ていないためです。このように、筋肉・筋膜が滑走していないまま活動を続けてしまうと、間違った運動パターンを獲得することになります。そこで、正しいルートでの滑走を反復する必要がある訳です。

10. 足関節戦略の正常化

私たちは、2足で立つことを当たり前のように行っています。しかし、ほとんどの動物は生まれてすぐに立ち・歩くことができるのに、人の場合は数ヶ月~1年以上かかります。
それだけ4足の広い支持面(足裏)の上で重心を支える動物と比べて、2足の狭い支持面の上でより高い位置の重心を支えることは簡単なことではないです。
こんな難しいことができているのは、「制御システム」の働きを、成長の過程で獲得したからです。

感覚神経(目・耳・皮膚・筋・腱・関節・内臓)で情報入手
        ↓
で情報を統合 
「体」を安定させる位置を決め指令を送る
        ↓
筋肉は指令を遂行

上記のような、やりとりをすさまじいスピードで行っているため、転ばずにいられます。

「歩く」となると、静止している「立つ」姿勢を一度崩し一歩ずつ左右交互に体重を移しながら前進するという、なんとも不安定な状況です。
動作をコントロールするだけでも大変ですが、私たちは常に歩きやすい道をまっすぐ歩いているわけではないので、「体」をとりまく周りの状況も考慮しながら安定させなければいけません。
そこで、人は歩くときに計画を立てます。
道の状態・傾斜・靴・服装・気候など(外乱)の情報を今までの経験から分析し、どのタイミング・どれくらいの筋出力で動作を起こせば効率よく最大限安定を崩さずにいられるか。

これを戦略(ストラトジー)と呼びます。
そして戦略をたてる上で重要になるのが足関節股関節です。

歩行の場合は、「足関節戦略」から始まり、すばやく足部の状態に応じて「股関節戦略」を行い、歩行時の安定を計画します。
「足関節戦略」がうまくいかないと、それをカバーするために、「股関節戦略」を先に発動する歩行パターンになってしまいます。足関節でできないことを他の箇所に負担をかけながら延々繰り返した結果が、骨盤の歪み、腰・膝の症状に始まり全身症状につながることは想像できます。
「立つ」「歩く」時の外乱に適応し効率よく安定して歩くためには、まず「足関節戦略」が初動時正しく働く必要があることから、当院は足部にこだわっています。
「足関節戦略」を正しく行うためには、正常な足関節の可動域、土踏まずのしなり、足指の動き、膝から下の皮膚・筋・筋膜の柔軟性が必要です。

院長ご挨拶

私たちナチュラル・キュアは1995年の開業以来、
あらゆる痛みとスポーツ障害、スポーツコンディショニングに特化した整骨院として
多くの患者様の症状改善と故障しない身体づくりに取り組んで参りました

ナチュラル・キュアが掲げるコンセプトは、ウォーキング&マニュアルメディスン(歩行&徒手医学)。正しく歩けるようになるために、整体・カイロプラクティックで培った100を超える“手技療法”を駆使し、本来あるべき姿勢制御へと導くことで、スポーツ障害におけるあらゆる症状を改善・緩和へ誘うと共に、スポーツコンディショニングの推進および、スポーツ障害を未然に防ぐ取り組みにもチカラを注いでいます。

正しく歩くためには、正しい姿勢を保つことが重要です。一方で、多くの人は間違った姿勢のまま、日常生活を営んでしまっています。間違った状態でも身体はキープ(保持)出来てしまうため、正しくない姿勢や歩き方がその人にとって普通のことになってしまうのです。「立つ」「動く」のバランスが取れていない状態であるにも係わらず、こうした姿勢のままスポーツやトレーニングに励めば、知らず知らずのうちに歪みや負荷が生じ、どこかでカバー(これを“代償”と言います)しなくてはならなくなります。代償によるオーバーワークの結果、負担を掛けてしまった部位の故障が露呈することになります。

この事例からも分かるように、スポーツ障害のほとんどは自滅であると言うことです。トレーニングをするにしても、日常生活を営む上でも、そもそも最初の時点で正しく立てていないことが問題であると断言します。きちんと機能していないのに、代償したまま続けてしまうからオーバーワークになってしまうのです。もしくは、本来とは違う仕事をずっと強いられた結果、壊れてしまうのです。これがスポーツ障害の本質であり、私たちが最も重視すべきポイントでもあるのです。

多くのカイロ治療院では、こうした本質が見過ごされます。ただ単に、猫背を治しましょうとか、ズレた骨を治して姿勢を良くしましょうなどと言って、今起こっている部位の治療に当たる訳ですが、骨がズレているから治すという発想は、そもそも間違いであると言うことです。

私たちは違います。ナゼ?骨がズレてしまったのか?そこに踏み込み、あらゆる可能性を探ることから始めます。その結果、こことここの仕組みが正しく出来ていないから、こうした症状が起こるのですと、症状を引き起こす原因について明確に具体的に断定することが出来ます。そこに至るプロセスは、他所では決して真似の出来ないアプローチだと自負しています。

私たちナチュラル・キュアの使命は、スポーツ障害の改善・緩和のために最善を尽くすことならびに、スポーツ障害を未然に防ぎ、壊れない身体づくりをコンディショニングで実現する予防医学の場として、整骨院をフルに機能させることにあります。

本来、整骨院はケガをしてから行く所ではないのです。故障した後に利用する所でもありません。身体が壊れてしまう前に、利用する場であるべきです。スポーツ障害をそれ以上悪化させないアプローチと、スポーツ障害を未然に防ぐアプローチが、ナチュラル・キュアには存在します。正しく歩くこと、正しい姿勢を保つことが、どうして重要なのでしょう?その答えを、ぜひご自身でお確かめください。

多くのアスリートの皆様、そして老若男女を問わず、スポーツを楽しんでおられる全ての人たちに、ぜひ当院のアプローチを知って頂きたいと思います。

治る第一歩は、患者様の“気づき”にあります。なぜ、こうなったのか?本当はどこが悪いのか?どうすれば防げるのか?そこに少しでも早く気づいて頂けることを私たちは願って止みません。

スタッフ一同、あなた様のご来院を、心よりお待ちしております。

院長プロフィール

西部 浩史(にしべ ひろふみ)

1965年生まれ 兵庫県神戸市出身
●鍼灸師:関西鍼灸短期大学 卒
●柔道整復師:行岡柔道整復専門学校 卒
●カイロプラクター:日本カイロプラクティック総連盟 認定コース 卒

略歴

  • 鍼灸師の資格取得後、鍼灸整骨院・整形外科・総合病院リハビリ科勤務の傍ら、カイロプラクターおよび、柔道整復師の資格を取得。
  • 日本カイロプラクティック総連盟のカイロプラクター認定コース卒業後、 同連盟の講師に就任。
  • 尼崎市カイロプラクティックセンターにて、カイロ主任として勤務。
  • カイロプラクター認定コースの受講生や卒業生を対象に、バイオメカニクス 研究会を立ち上げ(3年間限定)、同分野に精通する。
  • 尼崎市塚口に、手技療法の総合治療院として「塚口カイロプラクティックセンター」を開院。
  • 臨床を重ねる中、咬合の重要性に気づかされ、大阪大学歯学部の非常勤研究生として「咬合と身体の関係」の研究に一年間没頭する。
  • 大阪府池田市に「対症療法ではない手技療法を広げるため」をコンセプトに、西部整骨院を開院。
  • 「バイオメカニクス研究会」を再度、立ち上げる。
  • 臨床を重ねる中、メンタルの重要性に気づかされ、「スリーインワン・コンセプト」「タッチフォーヘルス」「オーラソーマ」「バッチフラワーレメデイ」などの認定コースを受講。積極的に施術に取り入れる。
  • 大阪府新大阪に「心と体の統合」をコンセプトに、ヒーリングスペース・メンタルセラピー・カイロプラクティック・整骨の総合施設「ナチュラル・キュア・スペース」を開設(現在はNC整骨院として独立)。
  • 臨床を重ねる中、軟部組織の影響の大きさに気づかされ、TSI(欧米の手技療法コース)に8年連続で参加(現在も受講中)。
  • 「健康は正しい歩行から」をコンセプトに、西武整骨院を移転。スタジオを併設した「ナチュラル・キュア整骨院」として、新規開業。
  • 「日本カイロプラクティック徒手医学会」の理事を5年務める。現在は監事に就任。