痛みが引かずに我慢していませんか?

痛みが引かずに我慢していませんか?

当院を受診される方の中で最も多いお悩みが
膝・股関節の痛み・故障・不具合となっています

(1)靭帯損傷

A.症状とメカニズム

スポーツの現場で多いのは、横方向の動きを制限する「内側側副靭帯」と前後の方向の動きを制限する「前十字靭帯」の損傷です。接触プレーなどで膝を外側に捻った時、急なターンやストップ時などに損傷しやすいと言われています。

急性期には、膝の周辺に強い痛みと熱を感じ、腫れも生じます。急性期を過ぎて炎症や痛みが治まった後も、一度損傷した靭帯は、動きの制限を上手く機能させることが出来なくなり、膝にチカラが入らないもしくは不安定な状態が続くことになります。

B.一般的な治療法

損傷時にすぐさまアイシングを行い、患部を固定して安静を促します。靭帯損傷が重度の場合、病院で手術の対象になります。術後も安定性が損なわれたり、運動制限を余儀なくされたり、痛みがずっと残ってしまうことも多いようです。

C.当院の見解と取り組み

膝の靭帯を損傷してしまうと、手術する・しないに係わらず、膝の運動軸が歪んでしまいます。歪んだ状態のままスポーツを再開すると、周囲の関節(股関節や足関節等)や体幹部(骨盤や背骨)等にも歪みが波及し、新たな痛み・不具合・故障の原因となる可能性が極めて高くなります。

当院では、急性期のうちは損傷した箇所(膝)に直接アプローチするような施術はほとんどしません。まずは、周囲の筋肉や筋膜の歪みや引きつりを修正することから始めます。膝を含む足全体の運動軸を正しい状態に戻すことを優先することで、膝の靭帯にかかる負担を軽減していきます。

膝関節を手術した場合は、まずは術後の傷跡部分、周囲の軟部組織(皮膚・筋膜・筋肉等)に対し、柔軟性を取り戻すための施術を行い、筋肉が正しく使えるようにします。こうすることで、その後のリハビリテーションがスムーズに進めることが出来るので、スポーツ現場への早期復帰にも繋がっています。

(2)ジャンパー膝

A.症状とメカニズム

ジャンプを繰り返し行うことで、膝蓋骨上下や脛骨粗面に炎症や痛みが起こります。ひどくなると、日常生活でも膝を曲げるだけで痛み出します。成長期に起こると、病院では「成長痛(オスグッド・ラン)」と診断されることもあるようです。

B.一般的な治療法

大腿四頭筋に対し、ストレッチとアイシングを行うのが一般的です。また、膝関節の可動制限および、圧迫固定するための装置を使って安静を促します。

C.当院の見解と取り組み

関節痛は、関節の接合面が正しくフィットしていない(下肢の運動軸がズレてしまった)状態で運動を続けることで発症するケースが多いようです。原因は足首や足部の関節の可動制限、アライメントの異常、大腿(ふともも)・下肢(脛/すね)の筋肉や筋膜が正しく働いていないこと等が挙げられます。

当院では、「どのような状態で受傷したのか?」「どの靭帯・筋肉・筋膜の繊維がどのように破損しているのか?」等を出来る限り細かく分析し、それぞれの機能に対し、適切な施術を行うことで、乱れた配列を正しい状態へと戻すことに注力します。

注意すべきは、損傷した繊維が修復されただけでは本来の動きを取り戻すことが出来ないと言うことです。当院では、「膝関節の動きと関連深い骨盤・股関節・足関節・足の趾の関節・土踏まず(アーチ)等の動きやアライメントの調整」と「正しい運動パターンを再学習させるためのプログラム」を行いながら、本来の関節の正しい動きを取り戻すことに繋げています。