頭・首・肩

頚部痛 ゴルフ編

A.症状とメカニズム

ゴルフではスイング時にボールを見続ける必要があるために頭部を固定します。この時に頸部周辺で無理な動きが繰り返されることになり、プレー後に頚の周囲にハリ感や筋緊張がでることがあります。

B.一般的な治療法

 頚部周辺の緊張している筋肉をマッサージでほぐします。

C.当院の見解と取り組み

ゴルフのスイングの体幹の回旋運動の際に肩や体幹などに可動域制限がある場合、頚により多くの回旋の負担がかかることになり疼痛が出ることになります。

当院では直接頚部にアプローチするのではなく、スイング時の回転運動に関連の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)や上肢帯(肩関節・肩甲骨・肋骨・胸椎)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのようにくび周囲の関節に影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことでくび周囲の関節や筋肉への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。

また骨盤と脊柱のゆがみやズレにも注目し、それぞれの関節の可動域を正常化させることで体幹の軸回転が正常に行えるようになり、体全体でのスイングの回転がスムーズに行えるようになります。

肩痛(インビンジメント症候群・亜脱臼など)

A.症状とメカニズム

肩関節包内で、肩甲骨の肩峰と上腕骨がぶつかり、腱と周辺組織との間で、何度も衝突・摩擦が繰り返されることにより発症します。そのため、衝突症候群とも言われます。間違ったフォームや過度の反復練習等により、上腕骨上部・前部に痛みが走ります。腕を引き上げた時(内旋時)、可動制限が起こります。

B.一般的な治療法

炎症を伴う痛みには、RICE処置※を施します。腕を上げないように使用制限し、安静を保ちます。また、筋拘縮予防の為のマッサージを行います。但し、これらの方法は応急処置でしかありません。再発や慢性化を予防する為には、しっかりとした原因追究(受傷メカニズムの解析)と適切な対応が不可欠になってきます。

※RICEとは?
応急処置時に必要な4つの処置、Rest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の頭文字を取ったものです。

C.当院の見解と取り組み

関節包の中で衝突が起きてしまうのは、間違ったフォームで反復するからですが、フォームを悪くしている原因があります。過去の損傷の修復過程で、筋肉・靭帯の繊維が本来とは違う配列に修復されていたり、瘢痕組織(しこりのように硬くなった部分)等が形成されることで本来の動きを出来ないようにしています。結果、代償性の動きを続けてしまい、新たな損傷や問題(首の痛み・肘痛・手首痛等)を引き起こすことになるのです。

当院では、正しいフォームを取り戻す為、軟部組織(筋肉・靭帯・筋膜等)の繊維の乱れや瘢痕(ハンコン)等の修正をきっちり行うことで、関節のアライメントをまずは正しい状態に戻すことから始めます。

また、フォームの改善や修正に必要な「固有受容器の活性化」「運動神経の促進」「運動制御」等に必要な施術や指導を行い、「正しい運動パターンを再学習する為のプログラム」を実践することで、本来あるべき関節の正しい動きを取り戻すことに繋げています。

肩痛(スイングショルダー) ゴルフ編

A.症状とメカニズム

ゴルフのプレー後に肩甲骨周辺、特に内側にだるさや肩の痛み・腕の痛みやだるさが生じることがあります。ゴルフのスイングに起回するトラブルの為スイングショルダーといわれています。

B.一般的な治療法

 主に痛みだるさがでている部位の筋肉のマッサージを行います。

C.当院の見解と取り組み

肩の周囲の症状は、多くの場合体幹の軸回旋がスムーズに行えていないことと、上肢(肩関節、肘関節、手首)の動きに制限があり、肩甲骨の周辺の筋肉に本来の動きとは違う使い方を強いるために起こっています。

当院では上肢の関節の正常な可動性を取り戻すことは勿論ですが、スイング時の回転運動に関連の深い下肢帯(股関節・膝関節・足関節・足の趾の関節・アーチ)や上肢帯(肩関節・肩甲骨・肋骨・胸椎)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのように肩関節の動きに影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで肩関節周囲への影響を出来るだけ軽減(全くないようにすることが望ましい)することを目指しています。

また骨盤と脊柱のゆがみやズレにも注目し、それぞれの関節の可動域を正常化させることで体幹の軸回転が正常に行えるようになり、体全体でのスイングの回転がスムーズに行えるようになります。

肩痛(上腕二頭筋長頭炎) 野球編

A.症状とメカニズム

上腕二頭筋の長頭(筋肉の腱の部分)が結節間溝(肩関節の前の部分の骨の溝)を通る部位で、筋繊維や腱が炎症をおこす総称です。

B.一般的な治療法

炎症を伴う痛みにはRICE処置をし、腕の動きを制限するために三角巾を使用し安静を促します。筋拘縮予防のためにマッサージを行います。重度のものはステロイド注射、痛み止めの薬(注射/内服)を処方することもあるようです。

*RICEとは:Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

C.当院の見解と取り組み

オーバーユース症候群とも言われますが、実際には正しくない姿勢、関節の位置関係の歪み、正しくない投球動作、過度の練習などの複数の原因が組み合わさっておこっているようです。その結果として、上腕二頭筋の過剰な動きがおこり結節間溝の部位で摺りあわされるような負荷が反復することで炎症が起こるのです。

正しいフォームを取り戻すためには、まずは軟部組織(筋肉・靭帯・筋膜など)の繊維の乱れや瘢痕などの修正をきちんと行うことで関節のアライメントを正しい状態に戻す必要があります。

また、フォームの改善や修正に必要な「固有受容器の活性化」「運動神経の促通」「運動制御」などに必要な施術や指導を行い、「正しい運動パターンを再学習させるためのプログラム」を行うことで本来の関節の正しい動きを取り戻すことにつなげていきます。

肩痛(インピンジメント症候群) 野球編

A.症状とメカニズム

衝突症候群ともいわれ、肩関節包内で肩甲骨の肩峰と上腕骨がぶつかって、腱とその周りの組織との間で何度も衝突・摩擦がくり返されることにより発症します。間違ったフォームや、過度の反復練習などで上腕骨上部・前部に痛みがでてきて、腕を引き上げた時(内旋時)に可動制限が起こります。

B.一般的な治療法

炎症を伴う痛みにはRICE処置をし、腕を上げないように使用制限をして安静を保ちます。筋拘縮予防のためにマッサージを行います。

*RICEとは:Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

C.当院の見解と取り組み

関節包のなかで衝突が起こるのは間違ったフォームを反復するからなのですが、フォームが悪くなるのにも原因があります。過去の損傷の修復過程で筋肉・靭帯の線維が本来とは違う配列に修復されていたり、瘢痕組織(しこりの様に固くなった部分)などが形成されることで本来の動きを出来ないようにしています。その結果、代償性の動きを続けることになり新たな損傷や問題を引き起こすことになるのです。

正しいフォームを取り戻すためには、まずは軟部組織(筋肉・靭帯・筋膜など)の繊維の乱れや瘢痕などの修正をきちんと行うことで関節のアライメントを正しい状態に戻す必要があります。

また、フォームの改善や修正に必要な「固有受容器の活性化」「運動神経の促通」「運動制御」などに必要な施術や指導を行い、「正しい運動パターンを再学習させるためのプログラム」を行うことで本来の関節の正しい動きを取り戻すことにつなげていきます。

肩痛(亜脱臼) バレーボール編

A.症状とメカニズム

バレーボールの・アタック・ブロック・サーブなどで「肩を大きく動かして手を振る動作」を反復しているうちに上腕骨頭(腕の骨の上端)が肩関節の中で前方(または外方・後方)にゆるんで半分脱臼した(ずれた)状態になる場合があります。まれには自分で外したりはめたりできてしまう習慣性脱臼になってしまう人もいるようです。また、慢性化してしまい常時痛みを伴うようになると手術の適応となる場合もでてきます。

B.一般的な治療法

整復術や牽引法により関節内へ脱臼を整復し、その後固定し3~4週程安静にします。ひどいものは手術の後ギプス固定されることもありますので、固定が外れてからのリハビリテーションが必要となります。また、放置して自然治癒するものは少ないようです。

C.当院の見解と取り組み

上肢帯のアライメント異常が元々にあって肩関節および上肢(腕)が正しく使えてない状態で運動をつづけて慢性化させてしまったことにより亜脱臼まで至ってしまうことが多いようです。肩関節自体の位置異常は周囲の関節の影響を受けている場合が多く、肩関節の問題だけにとらわれていると、いくら整復動作を行ってもすぐに異常な位置(ずれた位置)に簡単に戻ってしまいます。また、靱帯や関節包も緩く不安定になっているので固定で固めるのではなく、周囲筋の調和によって維持できる様にしていく必要があります。

当院では脱臼を治す整復だけではなく肩の動きに影響の深い上肢帯(肩関節・肩甲骨・肋骨・胸椎・肘関節・手首の関節など)の関節の正常な動き(可動性)や筋肉・筋膜の正しい使い方ができているかどうか、また正しく使えていない部分の代償がどのように肩関節に影響を与えているかを出来るだけ細かく分析し、それぞれの関節や繊維に対して適切な施術を行うことで肩関節を安定した状態で動かせるようにすることを目指しています。

肩痛(インピンジメント症候群) バトミントン編

A.症状とメカニズム

衝突症候群ともいわれ、肩関節包内で肩甲骨の肩峰と上腕骨がぶつかって、腱とその周りの組織との間で何度も衝突・摩擦がくり返されることにより発症します。間違ったフォームや、過度の反復練習などで上腕骨上部・前部に痛みがでてきて、腕を引き上げた時(内旋時)に可動制限が起こります。

B.一般的な治療法

炎症を伴う痛みにはRICE処置をし、腕を上げないように使用制限をして安静を保ちます。筋拘縮予防のためにマッサージを行います。

*RICEとは:Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

C.当院の見解と取り組み

関節包のなかで衝突が起こるのは間違ったフォームを反復するからなのですが、フォームが悪くなるのにも原因があります。過去の損傷の修復過程で筋肉・靭帯の線維が本来とは違う配列に修復されていたり、瘢痕組織(しこりの様に固くなった部分)などが形成されることで本来の動きを出来ないようにしています。その結果、代償性の動きを続けることになり新たな損傷や問題を引き起こすことになるのです。

正しいフォームを取り戻すためには、まずは軟部組織(筋肉・靭帯・筋膜など)の繊維の乱れや瘢痕などの修正をきちんと行うことで関節のアライメントを正しい状態に戻す必要があります。

また、フォームの改善や修正に必要な「固有受容器の活性化」「運動神経の促通」「運動制御」などに必要な施術や指導を行い、「正しい運動パターンを再学習させるためのプログラム」を行うことで本来の関節の正しい動きを取り戻すことにつなげていきます。

肩痛(インピンジメント症候群) テニス編

A.症状とメカニズム

衝突症候群ともいわれ、肩関節包内で肩甲骨の肩峰と上腕骨がぶつかって、腱とその周りの組織との間で何度も衝突・摩擦がくり返されることにより発症します。間違ったフォームや、過度の反復練習などで上腕骨上部・前部に痛みがでてきて、腕を引き上げた時(内旋時)に可動制限が起こります。

B.一般的な治療法

炎症を伴う痛みにはRICE処置をし、腕を上げないように使用制限をして安静を保ちます。筋拘縮予防のためにマッサージを行います。

*RICEとは:Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

C.当院の見解と取り組み

関節包のなかで衝突が起こるのは間違ったフォームを反復するからなのですが、フォームが悪くなるのにも原因があります。過去の損傷の修復過程で筋肉・靭帯の線維が本来とは違う配列に修復されていたり、瘢痕組織(しこりの様に固くなった部分)などが形成されることで本来の動きを出来ないようにしています。その結果、代償性の動きを続けることになり新たな損傷や問題を引き起こすことになるのです。

正しいフォームを取り戻すためには、まずは軟部組織(筋肉・靭帯・筋膜など)の繊維の乱れや瘢痕などの修正をきちんと行うことで関節のアライメントを正しい状態に戻す必要があります。

また、フォームの改善や修正に必要な「固有受容器の活性化」「運動神経の促通」「運動制御」などに必要な施術や指導を行い、「正しい運動パターンを再学習させるためのプログラム」を行うことで本来の関節の正しい動きを取り戻すことにつなげていきます。